別府史之と與那嶺恵理がロードレースに続いて表彰台へ!/アジア大会2018タイムトライアル

2018アジア大会TT別府史之

8月24日の『第18回アジア競技大会』第7日目で、自転車のタイムトライアルが行われ、男子は別府史之トレック・セガフレード)が3位、女子は與那嶺恵理(Wiggle High 5 Pro Cycling)が2位となり、それぞれメダルを獲得した。

與那嶺の走行タイムは勝者とわずか0.16秒差の31分57秒26。女子個人タイムトライアルはスバンからカガクまでの18.7kmのコースで登り基調だった。與那嶺はロードレースでの銅メダルに次ぐ2つ目のメダルを獲得した。

別府の走行タイムは56分19秒20で勝者と1分42秒07差。男子個人タイムトライアルは女子と同じくスバンからカガクまでのコースだが、前半に平坦区間が加わった43km。別府もロードレースで銀メダルを獲得しており、2つ目のメダル獲得となった。

自分のリズムを大事に

TAGS

Related Articles