別府史之が銀メダル「素晴らしいチームワークが良い結果に繋がった」/アジア大会2018男子ロードレース

別府史之「金メダルを狙っていたので悔しさはある」

別府史之

ラスト5kmは平坦基調なのでスプリントで狙ったほうがいいと考え、登り区間で中根選手にアシストしてもらい、最後は万全の体制でスプリントに挑んだが、あと少しの差で勝つことができなかった。金メダルを狙っていたので悔しさはあるが、銀メダルという結果を残すことが良かったと思う。素晴らしいチームワークが良い結果に繋がった。

順位名前タイム
1Alexey Lutsenkoカザフスタン3:25:25
2別府史之日本
3Navuti Liphongyuタイ
5中根英登日本3:25:40

Photo & Text : JCF

TAGS