リーダージャージ含め相次ぐ落車、大前翔15位に!/ツール・ド・ラヴニール第5ステージ

ツールドラヴニール第5ステージ

引用:JCF

2018年8月17日(金)〜8月26日(日)フランス・ブルターニュ地方からアルプスにて開催中のジュニアネーションズカップ「ツール・ド・ラヴニール」に日本ナショナルチームからは以下6名の選手が参加している。
石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)/山本大喜(KINAN Cycling Team)/松田祥位(EQADS)/渡辺歩(Team cycliste Morning)/大前翔(慶應義塾大学)/大町健斗(Team EURASIA-TIRE)】

関連記事:タイムトライアルに4人で果敢に挑む/ツール・ド・ラヴニール 第4ステージ

ハイスピードなレース展開

フラットな第5ステージは、序盤から2名を一定の差で逃がせて追い風に乗りハイペースで進んだ。チーム4名は序盤の逃げに乗れなかった事から集団待機でゴールを待った。

主要選手の相次ぐ落車

終盤にはペースアップとポジション争いにより落車が頻発し、リーダージャージ、グリーンジャージ等主力メンバーが連続して落車した。生き残った90名の大集団ゴールスプリントとなり、好位置で最終直線に入った大前が15位、次いで山本が18位と好順位を残した。

渡辺はラスト20km付近で起きた、リーダージャージを含む落車に巻き込まれて負傷したが、自力で完走。松田はラスト5kmの主力メンバーによる落車で足止めにあったが幸い無傷でゴールし、共に明日の出走を確定させた。

競技結果

1位 GIBSON Matthew (Great Briton National Team)
2位 SAJNOK Szymon (Poland National Team)
3位 HEIDERSCHEID Colin (Luxenbourg National Team)
15位 大前翔 (Japan National Team)
18位 山本大喜 (Japan National Team)
102位 松田祥位 (Japan National Team)
130位 渡辺歩 (Japan National Team)

TEXT:浅田顕

原文:JCF

ネイションズカップの関連記事

TAGS