メイン集団でのゴール、終盤の落車で結果残せず/ツール・ド・ラヴニール 第2ステージ

ラヴニールステージ2スタート前

引用:JCF

2018年8月17日(金)〜8月26日(日)フランス・ブルターニュ地方からアルプスにて開催中のジュニアネーションズカップ「ツール・ド・ラヴニール」に日本ナショナルチームからは以下6名の選手が参加している。
石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)/山本大喜(KINAN Cycling Team)/松田祥位(EQADS)/渡辺歩(Team cycliste Morning)/大前翔(慶應義塾大学)/大町健斗(Team EURASIA-TIRE)】
関連記事:U23ネイションズカップ最終戦、ツール・ド・ラヴニール開幕!

神経を削られる平坦なコース

第2ステージは平坦ステージに位置付けられるが細かい起伏と細い畑道が神経を削る。

チームは序盤から逃げを試みるがどのアタックも成功しない。対して勢いが違ったデンマーク、ノルウェー、フランスの3名の先行を集団が見送ることとなる。

メイン集団でのゴール、終盤の落車

主導でペースアップするチームが無く結局ゴールでは2分以上の差を許し集団は4位以下のゴールスプリントとなった。山本、石上、渡辺、大前はメイン集団ゴール。大町と松田は終盤に落車し遅れたグループでのゴールとなった。明日はより難しいレースが予想される中、特に終盤の勝負局面で先頭を外さぬよう心掛けたい。

競技結果

1位 RIOU Alan (France National Team)
2位 KLARIS Magnus Bak (Denmark National Team)
3位 AALRUST Håkon Lunder (Norway National Team)
17位 山本大喜 (Japan National Team)
25位 石上優大 (Japan National Team)
128位 渡辺歩 (Japan National Team)
133位 大前翔 (Japan National Team)
142位 松田祥位 (Japan National Team)
144位 大町健斗 (Japan National Team)

TEXT:浅田顕

原文:JCF

ジュニアネイションズカップ関連記事

TAGS