U23ネイションズカップ最終戦、ツール・ド・ラヴニール開幕!

ラヴニールスタート

引用:JCF

2018年8月17日(金)〜8月26日(日)フランス・ブルターニュ地方からアルプスにて開催中のジュニアネーションズカップ「ツール・ド・ラヴニール」に日本ナショナルチームからは以下6名の選手が参加している。

石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)/山本大喜(KINAN Cycling Team)/松田祥位(EQADS)/渡辺歩(Team cycliste Morning)/大前翔(慶應義塾大学)/大町健斗(Team EURASIA-TIRE)】

エース日野泰静がスプリント勝負を制しステージ3位/ジュニアネイションズカップ 2018 Tour de l’abitibi 第1・第2ステージ

世界最高峰のU23大会開幕!

U23版ツール・ド・フランスと呼ばれる今大会に世界各国から優秀な選手が集結。

日本チームは3年連続の出場となり、今年は石上の個人総合30位以内、山本のステージ上位入賞を目指しスタート。

今日の第1ステージは比較的動きの少ない大人しいステージとなり全員が集団ゴールでレースを終えた。明日はより激しい展開を予測し積極的に逃げに参加させたい。

競技結果

1位 KANTER Max(Germany National Team)
2位 BANAZSEK Alan(Poland National Team)
3位 TOUZE Damien(France National Team)
30位 石神優大(Japan National Team)
31位 大前翔(Japan National Team)
32位 山本大喜(Japan National Team)
41位 渡辺歩(Japan National Team)
124位 松田祥位(Japan National Team)
134位 大町健斗(Japan National Team)

TEXT:浅田顕

原文:JCF

ジュニアネイションズカップ関連記事

TAGS

Related Articles