新城幸也「楽なチームタイムトライアルなんてない」/クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ第3ステージ Team ユキヤ通信 2018 NO.38

バーレーン・メリダ

​先頭を牽く新城選手 photo Miwa IIJIMA

2018年6月3日(日)〜6月10日(日)開催の「クリテリウム・ドゥ・ドーフィネフランス」にチーム・バーレーン・メリダの新城幸也選手が出場。

チームタイムトライアルの第3ステージのレポートをお届けする!

新城幸也「逃げの指示が出たらチャンス!」復帰第1ステージ完走、上り調子/クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ第1ステージ Teamユキヤ通信NO.36

新城幸也「もうひと仕事したかった!」第2ステージも完走/Teamユキヤ通信NO.37

TTのスペシャリストがいない、チーム一丸で戦う

チーム バーレーン・メリダTTT

ローテーションで後ろにさがった新城選手 ゼッケン52 photo Miwa IIJIMA

プロローグを含めると4日目となった第3ステージは35kmのチームタイムトライアルが行われた。明日から始まる超級山岳ステージ前の最後の平坦コースとも言える。

平坦の35kmとはいえ、総合優勝を狙うエース、ニーバリを擁するバーレーン・メリダにとっては、数秒でもタイムを稼ぎたいところ。だが、チームにはタイムトライアルのスペシャリストがいない。

そのため全員が一丸となってトップとのタイム差を最小限でゴールすることが課題となった。

チームはトップのTeamSKYから2分5秒遅れの16位でフィニッシュ。エース、ニーバリは総合トップから2分28秒のビハインドを背負い、明日からの山岳ステージに入る。

※チームタイムトライアルは、チームで先頭交代を繰りかえしながらゴールタイムを競う種目。全員が風を受けることになる。

以下、新城選手のコメント。

楽なチームタイムトライアルなんてない

35km追い風基調で、休める区間も無く常にペダルを回し続けなければならなかった。楽なチームタイムトライアルなんて無いことを改めて思い知らされた。

さぁ〜明日からの4日間は本格的な山岳ステージレースの始まりだ!!

尚、レースの模様は、J SPORTSにてライブ中継をご覧いただけます。
https://www.jsports.co.jp/cycle/stage/

新城幸也の関連記事

Text:Miwa Iijima
『Team ユキヤ通信 2018  No.38』7June ,2018 FRANCE

TAGS