草場啓吾が健闘の34位、先頭集団で粘りの走行/ツアー・オブ・ジャパン第7ステージ

引用:JCF

2018年5月20日〜27日まで開催されたツアー・オブ・ジャパン2018に大学生を中心とする若手メンバーで日本ナショナルチームが参加した。

草場、ラスト2周まで先頭集団で粘りの走行

第7ステージでは、個人総合順位が決定づけられる。草場啓吾の山岳賞獲得の最後のチャンスとなったが、序盤からのペースアップに苦しんだ。

日本チームは山岳賞争いに参加することが出来ず、バーレーンメリダのグレガ・ボレを先頭に、総合リーダーのいる後続集団に対して1分以上のタイム差でゴールした。

草場はラスト2周まで先頭集団で粘り、34位でゴールと健闘した。また中川、冨尾も最後まで粘り、無事に完走を果たした。

今ステージの結果によって個人総合上位に大きな変動は無く、最終日の東京ステージに臨む。

第7ステージ レース結果

ツアー・オブ・ジャパン 第7ステージ(伊豆ステージ)120.8km
開催日:5月26日

1位 グレガ・ボレ(スロベニア/バーレーン・メリダ)
2位 クリス・ハーパー(オーストラリア/ベネロング・スイスウェルネス・サイクリング・チーム)
3位 フェリックス・アレハンドロ・バロン・カスティージョ(コロンビア/チーム・イルミネート)
6位 中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオ)日本人最高位
34位 草場啓吾
54位 中川拳
58位 冨尾大地
DNF 佐藤健
DNS 松田祥位

第7ステージ終了後個人総合リーダー
マルコス・ガルシア・フェルナンデス(スペイン/キナンサイクリングチーム)17h34m13s

・草場啓吾に関連する記事はこちら
・松田祥位に関連する記事はこちら

Text:浅田顕

原文:JCF

TAGS