ジャパンカップ2018出場選手がほぼ倍の120超、チーム数も大幅増加で10月19〜21日開催

ジャパンカップ2017クリテリウム

毎年秋に開催される国内最高峰のロードレース“ジャパンカップ”が2018年の開催が10月19日〜21日に栃木県宇都宮市で開催されると正式発表された。出場チーム数は全21、選手数は2017年の69人から126人とほぼ倍増の規模となる。

例年ロードレースの前日に宇都宮市内でクリテリウムが開催され、2017年は引退直後のアルベルト・コンタドールが出場し、大いに話題となった。2017年の開催実績ではクリテリウムに48,000人、ロードレースは大雨の中開催となるも70,000人の観客が詰めかけた。

ジャパンカップ2017クリテリウム

【ジャパンカップ2017】宇都宮がコンタドールに湧いた日/フォトダイジェスト1/2

スペシャルライダーとして海外有名ロードレース選手とチームを組み、トラック競技や競輪選手も毎年参加している。2017年は新田祐大、渡邉正光選手が出場。渡邉正光選手は競輪選手初のクリテリウム完走を果たし、さらには18位の結果を残した。

新田祐大選手、2062ワット

新田祐大選手、2062ワット

渡邉正光選手

渡邉正光選手

以下プレスリリースよりジャパンカップ2018の開催概要。

ジャパンカップ2018 開催概要

名称

2018 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE

主催

宇都宮市

主管

公益財団法人日本自転車競技連盟、ジャパンカップサイクルロードレース実行委員会、 NPO法人ジャパンカップサイクルロードレース協会

公認

UCI(国際自転車競技連合) ※10月21日ジャパンカップサイクルロードレースは、アジアツアー1.HC(オークラス)

スケジュール

2018年10月19日(金)

チームプレゼンテーション 会場:オリオンスクエア(宇都宮市オリオン市民広場)

2018年10月20日(土)

2018ジャパンカップクリテリウム 会場:宇都宮市大通り周回コース

2018年10月21日(日)

2018ジャパンカップサイクルロードレース 会場:宇都宮市森林公園周回コース

※詳細につきましては、公式ウェブサイトにて順次発表していきます。
※公式ウェブサイトの2018年版正式リニューアルオープンは6月下旬を予定しています。

UCI競技規則および大会特別規則による 全21チーム126人(予定)
※2017年大会:全14チーム69人出場

http://www.japancup.gr.jp/

TAGS