松田祥位 7位入賞!武山は集団内で良い動きを見せ、復調の兆し/U23欧州遠征レポート BOUCLES DE HAUTE VIENNE Day1

松田祥位、草場啓吾

U23欧州遠征 CIRCUIT BOUSSAQUINの時引用:JCF

2018年4月28日フランス中部で開催されたU23BOUCLES DE HAUTE VIENNE。春期遠征で最後となるレースである。7%前後の勾配が1.5km続く登り坂を含め、1周15kmの周回コースを8周、合計120kmを走行する。

参加選手は以下3名。
松田祥位武山晃輔蠣崎優仁

松田は7位でゴール 武山、蠣崎も良い動きをみせる

序盤からハイペースで進み、3周目の伸び利区間で飛び出した7名の先頭集団に松田が入る。後続集団に1分差を付け先行していたが、最終回に入るタイミングで主力チームの集団がペースアップ。それにより出来た追走集団が先頭に追い付き、20名程の先頭集団が形成された。そして、合流とほぼ同時に飛び出した2名がゴールまで逃げ切りゴールした。

松田は2名の飛び出しに躊躇し、集団に残った。最後の登り区間で飛び出した2名を追走する集団が形成され、力強い走りを見せた。そこに松田が入り、7位でゴール。

武山はメイン集団でのゴール。集団内で終始よい動きを見せ、復調を見せた。蠣崎は絞られたメイン集団から最終回に遅れた集団でのゴールとなったが、中盤までよい動きを見せていた。

今後の男子U23日本ナショナルチームの活動は5月のツアーオブジャパン、そして6月にチェコで行われるネイションズカップへと続く。

競技結果

1位 Thomas CHASSAGNE(フランス/VCCA Team Pro Immo)
2位 Morné VAN NIEKERK(南アフリカ/Team Christian Magimel)
3位 Corentin DUBOIS(フランス/POC Côte de Lumière)
7位 松田祥位(U23 Japan National Team)
武山晃輔、蠣崎優仁はそれぞれの後続小集団でゴール(正式順位公開待ち)

Text:浅田 顕

松田祥位、強豪にくらいつく!アマチュアトップのレースで自ら動いた/U23欧州遠征レポートCIRCUIT BOUSSAQUIN

 

エースが落車!チームの連携が取れず/U23ネイションズカップ ZLM TOUR

原文:JCF

TAGS