一口に「自転車競技」と言っても様々な種類がある。オリンピックイヤーに突入し、これを機に自転車競技に初めて触れる方もいるだろう。

数ある自転車競技のひとつ、マウンテンバイク(MTB)。その中でもたくさんの種目に細分されるが、ここではUCI公式サイトの翻訳を中心に、マウンテンバイクを大きく2つに分類した時の片方である「エンデュランス種目」をご紹介していく。

前回の記事はこちら:マウンテンバイク(MTB)ってどんな競技? 種目解説

エンデュランス型とグラビティ型

MTBのオリンピック種目はXCO(クロスカントリーオリンピック)のみだが、他にも様々な種目に枝分かれする。大きく分けると「エンデュランス型」と「グラビティ型」の2種類となる。

「エンデュランス型」は主に持久力が重視される種目。XCO(クロスカントリーオリンピック)を含むクロスカントリー種目は、このエンデュランス型だ。

「グラビティ型」は急な坂道の下りをメインとした種目。グラビティ・・・「重力」の名前の通り、いかに速く、重力のままにコースを下っていけるかが勝敗を分ける。

本記事でご紹介するのは、前者の「エンデュランス型」だ。

MTB エンデュランス型種目

1/2 Page