静岡県・伊豆にある『日本競輪選手養成所(JIK)』。日本で唯一の、競輪選手になるための養成所だ。入所後は1年弱の寮生活の中で、競輪の技術や必要な知識を身につけていく。

2022年度入所となる、第123(男子)・124(女子)回選手候補生の募集が夏に行われ、2021年11月15日、1次試験の合格者が発表された。

日本競輪選手養成所 第123・第124回選手候補生募集 7月1日から

男子(123回生)

10月8日に適性試験(自転車経験のない者向けの試験)の1次試験が行われ、1次試験免除者(ボート競技、陸上、プロ野球などで優秀な成績を収めた)5人を含む15人が合格。

技能試験(自転車経験者向けの試験)の1次試験は10月26〜30日に実施され、326人の受験者のうち、80人が合格。

適性・技能ともに2次試験が12月に行われ、最終的に70人程度が合格者となる。

女子(124回生)

10月5日に適性試験の1次試験が行われ、1次試験免除者(レスリングやスピードスケートの経験者)3人を含む9人が合格。

技能試験の1次試験は10月6日に実施され、33人の受験者のうち、19人が合格。

適性・技能ともに2次試験が12月に行われ、最終的に20人程度が合格者となる。

合格発表は1月

男女ともに、最終合格発表は2022年1月13日(木)を予定。

70人募集へ全国から413人が応募 日本競輪選手養成所(JIK)123・124回生一般試験

JIK(日本競輪選手養成所)が適性試験体験入試を実施 ガチ参加した編集部員の結果は・・・/体験レポート

KEIRIN.jp「日本競輪選手養成所123回・124回一般入所試験第1次試験実施状況及び実施結果!