男子個人パシュート、イタリアのガンナが大逆転で優勝/トラック世界選手権2018

フィリポ・ガンナ

トラック世界選手権2018の3日目に行われた男子個人パシュート決勝、イタリアのフィリポ・ガンナが、イボ・オリベイラ(ポルトガル)をレース終盤で大逆転し、優勝。3位アレクサンダー・エフトシェンコ(ロシア)。

フィリポ・ガンナ

予選1位のオリベイラ(ポルトガル)と2位のガンナ(イタリア)との対戦。予選のタイム通りオリベイラが中盤までリードしながらレースが進むが、最後にガンナがペースを上げての大逆転。この種目の金メダルを獲得した。

フィリポ・ガンナ

勝利後、観客へ歓声を促すガンナ

イボ・オリベイラ

イボ・オリベイラ(ポルトガル)

アレクサンダー・エフトシェンコ

アレクサンダー・エフトシェンコ(ロシア)

「アジアと世界のレベルの違い感じた」近谷涼は予選敗退/トラック世界選手権2018・男子個人パシュート

決勝リザルト

順位チーム選手名TIME
1イタリアGANNA Filippo4:13.607
2ポーランドOLIVEIRA Ivo4:15.428
3ロシアEVTUSHENKO Alexander4:13.786
4イギリスTANFIELD Charlie4:15.930
21日本近谷涼

大会公式リザルト

Text : Mizuki Ida
Photo : Shutaro Mochizuki

TAGS