新田祐大、世界選手権チームスプリント「皆の想いを乗せて走る」/トラック世界選手権2018

新田祐大

トラック世界選手権2018の大会初日に行われるチームスプリントへ、第2走者として出場予定の新田祐大選手。新田選手はケイリンにも出場予定だ。

観戦に役立つ!大会スケジュール日本時間版/トラック世界選手権2018

肉体的にも精神的にも進化し、最大筋力は目に見てわかるくらいの力がつき、メンタル的にも今までで最高の状態でレースに臨める状態であり、チームスプリント日本記録の更新も目指すという。

パワーでは世界でも負けない

新田祐大

新田祐大

昨年の世界選手権から、肉体的にも精神的にも進化していると思います。最大筋力は、目に見てわかるくらいの力がついているし、メンタル的にも今までで最高の状態でレースに臨めると思います。

世界選手権への出場は、自分1人だけじゃなく、皆で勝ち得た権利でもあります。その権利を掴み取ったからには、選ばれた力を披露したいです。

パワーでは世界でも負けていないと思うので、今までのワールドカップもそうでしたが、出し惜しみせず、気持ちで負けてしまわない様に、戦う気持ちで踏むことが世界選手権で重要なことだと思います。

今回はチームスプリントとケイリンに出ますが、ケイリンでは決勝に乗ることを最大の目標に。チームスプリントでは予選通過は勿論のこと、日本記録を更新したいなと。

雨谷の想いを、一成さんへ繋ぐ

トラック世界選手権2018

1走からは走りにかける情熱がすごく伝わるし、伸び盛りの選手たちが切磋琢磨している中で成長がタイムに現れています。まずはその伸びに置いてかれない事が重要だと思っています。

(自分が走る)2走はスピードの伸びが重要になります。しかし、自分の持ち味を出せるレースを今シーズンに1回も出来ていないので、しっかり出したいなと思います。

問題なのは(1走の)雨谷 一樹選手ですね。本番でめちゃくちゃ速くなるので、それをまだ味わった事が無いのでドキドキしています(笑)。

雨谷選手が全身全霊をペダルにかける想いに負けないように、そしてその気持を(3走の)一成さんにしっかり繋ぎ、僕ら3人だけじゃなく、チーム皆の想いを乗せて走ります。

TAGS