河端朋之がケイリン金でアジア王者に・世界選手権の出場枠を獲得/アジア選手権トラック2018

「自分のペースで休まず、捲りに行けた」河端朋之 優勝コメント

優勝おめでとうございます!

ありがとうございます。優勝もそうですが、世界選手権のケイリンの出場枠を取れたことの方がうれしいです。

ワールドカップなどでは、あのようにアワンが上がって行った時に休んでしまうような展開もあったので、自分のペースで休まず、捲りに行けたことが良かったと思います。

疲れましたか?

はい、アジア選手権は長いので。昨日のチームスプリントの疲れもありますし。夜11時に帰って、朝7時に来たので…。

世界選手権でスプリントとケイリンの2種目で出場と予想していますが、その場合どちらを重要視していますか?

どちらもですね。もしケイリン(の出場枠)が無かったら、今日のレースが終ると、世界選手権のスプリントまで全くレースが無いので。ケイリンの枠も取れて良かったです。

男子ケイリン 決勝結果

順位 チーム 選手名 タイム
1 日本 河端朋之 10.174
2 韓国 IM Chaebin +0.041
3 マレーシア AWANG Mohd Azizulhasni +0.084
4 マレーシア SHAROM Muhammad Shah Firdaus +0.095
5 中国 BI Wenjun +0.261
6 カザフスタン VORZHEV Pavel +0.281
10 日本 渡邉一成 10.701

TAGS