男子チームスプリント予選2位、金メダルを賭け韓国と対戦/アジア自転車競技選手権2018

板倉玄京、河端朋之、渡邉一成

アジア選手権トラック2018、エリート男子チームスプリント予選が行われ、日本ナショナルチーム(板倉玄京河端朋之渡邉一成)が出場。予選2位のタイム44秒257で通過した。決勝では予選1位の韓国と金メダルを賭けて対戦する。

板倉玄京、河端朋之、渡邉一成

板倉玄京、河端朋之、渡邉一成

板倉玄京、河端朋之、渡邉一成

板倉玄京、河端朋之、渡邉一成

板倉玄京、河端朋之、渡邉一成

板倉玄京、河端朋之、渡邉一成

板倉玄京、河端朋之、渡邉一成

男子チームスプリント 予選結果

順位 チーム 選手名 TIME
1 韓国 IM Chaebin 44.194
PARK Jeone
SON Jeyong
2 日本 渡邉一成 44.257
河端 朋之
板倉玄京
3 中国 LUO Yongjia 44.348
BI Wenjun
LI Jianxin
4 カザフスタン VORZHEV Pavel 44.426
PONOMARYOV Sergey
RUDER Kirill
5 台北(中国) 44.606
6 イラン 44.717
7 マレーシア 45.023
9 タイ 45.965
10 インドネシア 46.247
11 シンガポール 48.329
12 パキスタン 52.952

TAGS