吉澤純平が初日勝利「浅井選手が追い上げてくる気なら行くしかない」/第33回 読売新聞社杯 全日本選抜競輪

吉澤純平

全日本選抜12Rゴール

G1「第33回 読売新聞社杯 全日本選抜競輪」初日12R S級特選予選。

7番車の竹内雄作(岐阜/99期)を先頭に残り1周半。地元のエース、1番車の浅井康太(三重/90期)は途中連結から外れてしまい5番手へ。最終周回に入ると2番手につけていた吉澤純平(茨城/101期)が捲り始める。吉澤をマークするのは諸橋愛(新潟/79期)、3番手には成田和也(福島/88期)。ゴール前勝負で諸橋、成田を吉澤が抑えて1着となった。

吉澤純平選手 コメント

中断切りするとは思いませんでしたが、そこからやる気でいました。

浅井選手が追い上げてくる気なら行くしかないと。距離が長かったぶん、自分は行くことができましたが、きつかったです。

2018年のレース展開は自分に良い方向に向かってきているので、明日からも向いてくるように頑張りたいです。

ダイジェスト

結果

車番選手名年齢府県期別級班着差上り決まり手H/B個人状況
12吉澤 純平32茨 城101S111.8捲りB
29諸橋 愛40新 潟79SS1 車輪11.7マーク
36成田 和也38福 島88S11/2車輪11.7
44古性 優作26大 阪100S11/2車輪11.5
51浅井 康太33三 重90SS1 車身11.7
63村上 博幸38京 都86S13/4車輪11.5
75金子 貴志42愛 知75S11/2車輪11.6
88椎木尾 拓哉32和歌山93S11/2車輪11.4
97竹内 雄作30岐 阜99S1大差15.1H

TAGS