平原康多「苦しいレースだが出し切った」/全日本選抜競輪2018初日10R

平原康多

2018年初のG1「第33回 読売新聞社杯 全日本選抜競輪」が四日市競輪場で開催された。晴れた日差しは暖かだが、風の冷たさも感じる日であった。

初日10RのS級特選予選では、年始の立川記念から勝利を重ねている平原康多選手(87期/埼玉)が出走。

レースは吉田拓矢(茨城/107期)・平原康多・中村浩士(79期/千葉)の関東ラインが先行で始まる。最終周回4コーナーからの直線で、番手の平原が先頭へ。中村はそのまま追走し、最後差しにかかるが平原がそのまま1位でゴール。3番手は接戦だったが、単騎で中段につけていた6番坂本亮馬(福岡/90期)が決めている。

平原康多選手 コメント

平原康多選手コメント

今日みたいなレースの方が、精神的なものも含めて苦しいです。

G1とか(グレードに)関係なく、グランプリが終わって中3日、同じような緊張感で立川記念を走って今に至るので、毎年緊張感を切らさずにスタートしています。リセット期間が無いことが、逆に良い方向に向いていると。

今日は今日のレースを目一杯出し切る、今日も苦しいレースでしたが出し切りました。

全日本選抜予選10R

ダイジェスト 動画

結果

車番選手名年齢府県期別級班着差上り決まり手H/B個人状況
13平原 康多35埼玉87SS12.3差し
25中村 浩士40千葉79S13/4車輪12.2マーク
36坂本 亮馬32福 岡90S11車身1/212.2
41桑原 大志42山 口80SS1/4車輪12.0
54岩津 祐介36岡 山87S11/2車輪12.1
62稲垣 裕之40京 都86S11車身12.4
78稲川 翔32大 阪90S13/4車輪12.0
89吉田 拓矢22茨 城107S13車身13.0HB
97三谷 竜生30奈 良101SS大差13.5

TAGS