2021年1月23日〜1月25日に四日市競輪場にて行われる『日刊スポーツ(FⅠ)』に、自転車トラック競技日本ナショナルBチーム所属の寺崎浩平が出走する。

寺崎浩平は福井の117期生。早期卒業制度が導入後、初めての早期卒業生であり、2019年2月にデビューした。その後驚異の速さでデビュー1年後にはA級2班、1ヵ月後の2020年3月にはS級2班に特別昇級を果たし、史上最速でS級優勝を果たしたルーキーである。日本ナショナルBチームにも選出されており、トラック競技と競輪、二足の草鞋で活躍している。

今が1回目の壁 スーパールーキーの現在地/ナショナルBチーム寺崎浩平インタビュー

日刊スポーツ杯

『日刊スポーツ杯(FⅠ)』には寺崎浩平のほか、村上義弘、小倉竜二、小川真太郎、岩津裕介らS級1班メンバーも参戦。

またガールズケイリンも同時開催され、石井貴子(千葉)や久米詩らも出場する。

本開催は現地での観戦が可能。アクセスや諸注意は四日市競輪公式サイトにて事前にご確認を。

またインターネットで自宅からでも、レースを楽しむことが可能だ。ネットからの観戦・車券購入で応援しよう。

【初心者向け】インターネットで競輪の車券を買う方法