競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

「納得のいくレースができた」脇本雄太が熱戦を制し優勝、新田祐大は2着/第29回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(GⅠ) 10月15日〜前橋競輪場

2020/10/18

寛仁親王牌・世界選手権トーナメント 2020 前橋競輪場

前橋競輪場で2020年10月15日(木)から18(日)に開催された『第29回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(GⅠ)』。

新田祐大はグランプリ出場権獲得とグランドスラム達成がかかり、注目の的。2020年の競輪を牽引した「中国ゴールデンコンビ」の松浦悠士、そして3日目も他者を寄せ付けない走りを見せた脇本雄太、兄弟で決勝進出の山田英明・庸平にも注目が集まった。

この熱戦を制したのは脇本雄太。最終ストレートではナショナルチームの2選手による一騎打ちとなった。

本記事では、決勝戦のレポートをお届けする。

第12R 決勝戦

 

1 1 脇本雄太 福井/94期
2 2 山田英明 佐賀/89期
3 3 郡司浩平 神奈川/99期
4 4 東口善朋 和歌山/85期
5 新田祐大 福島/90期
5 6 山田庸平 佐賀/94期
7 松浦悠士 広島/98期
6 8 橋本強 愛媛/89期
9 守澤太志 秋田/96期

レースレポート

1/3 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。