1・5R

2/2 Page

第8R

1 1 菅田壱道 宮城/91期
2 2 内藤秀久 神奈川/89期
3 3 原田研太朗 徳島/98期
4 4 取鳥雄吾 岡山/107期
5 新山響平 青森/107期
5 6 中島将尊 群馬/105期
7 根田空史 千葉/94期
6 8 堤洋 徳島/75期
9 岡村潤 静岡/86期

レースレポート

根田-内藤-岡村の南関東ラインが先頭、続いて取鳥-原田-堤の中四国ライン、単騎の中島、新山-菅田の北日本ラインの並びで残り1周となる。残り半周を切って原田、中島、新山がそれぞれ仕掛けるが、前方では岡村が強烈なブロックを行う。

南関東ライン番手の内藤が1着でフィニッシュ。2着には追い上げた原田、3着に南関東ラインの岡村が入った。新山は5着でフィニッシュ。

競走結果

車番 選手名 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 2 内藤秀久 9.9 差し
2 3 原田研太朗 1/4車輪 9.6 捲り
3 9 岡村潤 3/4車輪 9.8
4 7 根田空史 1/2車輪 10.1 HB
5 6 中島将尊 3/4車身 9.4
6 5 新山響平 3/4車身 9.5
7 1 菅田壱道 1/2車身 9.3
8 4 取鳥雄吾 2 車身 10.0
9 8 堤洋 3/4車身 9.9

第10R

1 1 清水裕友 山口/105期
2 2 小倉竜二 徳島/77期
3 3 諸橋愛 新潟/79期
4 4 椎木尾拓哉 和歌山/93期
5 深谷知広 愛知/96期
5 6 小林泰正 群馬/113期
7 大槻寛徳 宮城/85期
6 8 小川真太郎 徳島/107期
9 和田健太郎 千葉/87期

レースレポート

 

小林-諸橋、大槻の後ろ、4番手の位置から仕掛けた深谷。残り1周を切って先頭に出ると、そのままぐんぐんと車間を開き独走状態に。離れた後続には諸橋、大槻が続き、清水も外から仕掛けようとするが届かずに後退。

そのまま深谷がぶっちぎりの1着。2着は諸橋、3着は大槻となった。

競走結果

車番 選手名 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 5 深谷知広 9.5 逃げ B
2 3 諸橋愛 3 車身 9.4 マーク
3 7 大槻寛徳 3/4車身 9.3
4 2 小倉竜二 1車身1/2 9.3
5 9 和田健太郎 1 車身 9.4
6 6 小林泰正 3 車身 9.8 H
7 8 小川真太郎 1/8車輪 9.6
8 4 椎木尾拓哉 2 車身 9.7
9 1 清水裕友 4 車身 9.4

決勝戦レースレポートはこちらから:

「納得のいくレースができた」脇本雄太が熱戦を制し優勝、新田祐大は2着/第29回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(GⅠ) 10月15日〜前橋競輪場