高木真備インタビュー

Q:賞金トップにふさわしい走りとなりました。

出来るだけ前の方での展開を心がけました。3番車でよかったです。本当は「力でねじ伏せる」レースをすることが目標でした。でも冷静に判断して走れたので、そこはよかったと思います。足を貯めて、4コーナー(残り1周と1/4)に差し掛かったところで「自分で仕掛けよう」と思って行ったので、そこがポイントだったかと。

Q:先行する梅川選手の番手に入ったところですね。

「番手にハマったからには優勝したい」と思って、しっかり踏みました。力でねじ伏せられないとグランプリでは勝てないので、もっと頑張ります。

Q:ファンのみなさんに一言。

今回もたくさんの声援ありがとうございました。ここから年末に向けてもっとパワーアップできるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。

本日(9月21日)14:46更新の賞金ランキングによれば、高木真備の獲得賞金はガールズ1位で1355万6300円。2位の石井貴子からは約100万円、3位の児玉碧衣からは約200万円のリードとなっている。

念願のガールズグランプリ出場は十分射程圏内だ。

【共同通信社杯(GⅡ)最終日】中本匠栄が特別競輪初優勝、ナショナル勢にラインの力で勝利/伊東温泉競輪

競輪、何から始めればいい?初心者向け記事リンク集