競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

九州学院が短距離種目を制覇/男子スプリント・男子ケイリン決勝、女子ケイリンエキシビション インターハイ代替大会 2020JCSPAジュニアサイクルスポーツ大会3日目・京都

2020/09/13

松本秀之慎(九州学院)男子ケイリン ジュニアサイクルスポーツ大会

新型コロナウイルスの影響で中止になったインターハイ2020。その代替大会となる『JCSPAジュニアサイクルスポーツ大会』が京都・向日町競輪場で2020年9月11日から3日間にかけて開催された。

本記事では大会3日目・13日(日)に開催された男子スプリント・男子ケイリン決勝、女子ケイリンエキシビションの結果をお届けする。

最終日はスペシャルプレゼンターとして、競輪選手の村上義弘選手、競輪選手でトラック競技日本ナショナルチーム所属の深谷知広選手も表彰式に登場した。

男子スプリント決勝

中山遼太郎(九州学院・熊本)vs 小谷寛待(福井科技・福井)

中山遼太郎 vs 小谷寛待の決勝戦。小谷が積極的に先行したが、2本とも中山が最終ストレートで逆転する展開。2本先取で優勝となった。

3位決定戦 渡邉壘(吉田・新潟)vs 野田勇飛(祐誠・福岡)

3位決定戦は渡邉壘(るい)が制した。

 

渡邉壘(吉田) ジュニアサイクルスポーツ大会 スプリント

3位 渡邉壘(吉田)

小谷寛待(福井科技) ジュニアサイクルスポーツ大会 スプリント

2位 小谷寛待(福井科技)

男子スプリント決勝リザルト(PDF)

優勝 中山遼太郎 選手インタビュー

男子スプリント ジュニアサイクルスポーツ大会 中山遼太郎(九州学院)

中山遼太郎(九州学院)

Q:優勝おめでとうございます。

ありがとうございます。初日のチームスプリントでジュニア日本新記録を出して、こうして個人種目でも優勝することができました。この後ケイリンに出場する松本へ、バトンを繋げられたのかなと思います。

九州学院 チームスプリント JCSPA ジュニアサイクルスポーツ大会 松本秀之慎 中山遼太郎 前田大騎

中山選手、松本選手ともに初日のチームスプリントで優勝

Q:松本選手もとても強い選手ですが、同じ学校の同期としてどのように意識していますか?

一緒に練習してるので、一緒に強くなってるという気持ちです。

Q:卒業後の進路は?

競輪選手養成所に入る予定です。

女子ケイリンエキシビション

1/3 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。