オリンピック本番よりもキツい”予行練習”/プレ五輪・女子オムニアム梶原悠未

梶原悠未, 女子オムニアム, オリンピックシュミレーション

2020年7月28日~8月2日、オリンピック本番を想定した「予行練習」が、伊豆ベロドロームで非公開で実施された。これはオリンピック本番と同様の日程・タイムスケジュール、レース前の準備など、全てを本番同様としたトレーニングである。

最終日には女子オムニアムが行われ、現世界チャンピオンである梶原悠未が本番を想定したタイムスケジュールでトレーニングを実施した。

トレーニングは終始クレイグ・グリフィン監督が乗るバイクを選手と見立てての練習で、時にはバイクの後ろに付き、時には単独でアタックをするなど強度の高さが伺える練習となった(他の選手の参加は無し)。

梶原悠未インタビュー

TAGS

Related Articles