2020夜王は清水裕友、新田祐大は猛チャージも2着/第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)・ガールズケイリンフェスティバル2020

第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)

2020年7月10日〜12日にかけて、福島県いわき平競輪場にて開催された「第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)・ガールズケイリンフェスティバル2020」。

サマーナイトフェスティバルの決勝ではS級S班から佐藤慎太郎郡司浩平松浦悠士新田祐大清水裕友の5人が勝ち上がって出場。このレースを制した者は「夜王」の称号を得ることが出来る。そして今年の「夜王」となったのは清水裕友。ナショナルチームでオリンピック代表に内定している新田祐大は、終盤に驚異的な加速で見せ場を作るも2着となった。

地元・福島 佐藤慎太郎&新田祐大コンビ活躍なるか 脇本雄太含め豪華メンバー勢ぞろい/第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)・ガールズケイリンフェスティバル2020

新田祐大が1着で決勝進出/第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)・ガールズケイリンフェスティバル2020・2日目結果まとめ いわき平競輪場

第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)S級決勝 出走メンバー

第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)

枠番 車番 名前 所属
1 1 佐藤慎太郎 福島/78期
2 2 郡司浩平 神奈川/99期
3 3 松浦悠士 広島/98期
4 4 岩津裕介 岡山/87期
5 稲川翔 大阪/90期
5 6 内藤秀久 神奈川/89期
7 新田祐大 福島/90期
6 8 吉澤純平 茨城/101期
9 清水裕友 山口/105期

レースレポート

第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)

松浦-清水-岩津の中国ライン、新田-佐藤の地元・福島ライン、単騎の稲川、郡司-内藤の神奈川ライン、単騎の吉澤の並びで周回が進む。

第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)

残り2周を切り、先頭誘導員が離脱すると郡司が加速して先頭へ。続いて内藤、稲川、松浦-清水-岩津、吉澤と続き、新田は8番手の位置まで下がってしまう。

第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)

最終周回を前にして松浦が加速すると中国ラインが続くが、ここで岩津と内藤が接触して2人が落車となるアクシデントが発生する。先頭は松浦となり残り1周。そして後方からは新田が猛スピードで位置を上げていく。

第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)

第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)

第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)

残り半周を切ると新田が一気に先頭、続いて松浦、清水となる。3コーナーから4コーナーにかけて新田の驚異的なスピードに付いていけたのは清水のみ。そして勝負は新田と清水の一騎打ちとなり最終ストレートへ。

新田がインで粘り、外からは清水が追い上げていく。最後は清水が新田をかわして先着フィニッシュ。2着は新田、3着は稲川という結果となった。

第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)

 

第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)

第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)S級決勝 競争結果

 

車番 選手名 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 9 清水裕友 10.9 差し
2 7 新田祐大 1車身 11.1 捲り B
3 5 稲川翔 2車身 11.0
4 8 吉澤純平 2車身 11.0
5 1 佐藤慎太郎 3/4車身 11.2
6 3 松浦悠士 3/4車身 11.7 H
7 2 郡司浩平 6車身 12.1
6 内藤秀久 落車棄権
4 岩津裕介 失格斜行
清水裕友「しっかり『競輪』した感じ」

TAGS