競輪選手 朝倉智仁(茨城/115期)が自転車競技チームCS Slingerに加入

朝倉智仁選手 コメント

この度CS Slingerとして活動させていただきます、朝倉智仁です。この活動を通じて、自転車競技や公営競技の競輪をより面白くし、より多くの方に知ってもらえるように活動できればと思います。

Q:自転車競技はいつ以来?

高校3年(2017年)の愛媛国体以来です。

Q:なぜ競技再開しようと思った?

競技と競輪で活躍されているナショナルチームの存在がとても大きく、競技を通じて成長できればと思っています。また、この活動を通じて自転車競技や競輪をより多くの方々に知ってもらえるように活動していきたいと考えています。

Q:CS Slingerで活動する理由は?

ナショナルチームで活躍し、茨城でもともにトレーニンングをしていた新村穣さんや競輪・自転車競技どちらでも活躍している小林泰正さんと環境を共にすることで、人としても競技者としても大きく自分自身の成長を促すと思っているためです。

Q:活動種目は?

主にトラック競技を中心に、今の時点で特定の種目に絞らないつもりです。

Q:目標は?世界選手権やオリンピックを目指す?

まずは、国内の全日本選手権を私の中での目標として結果を残せればと思います。世界選手権やオリンピックについては、そういったものが自分の中で見えた時に改めて考えます。

Q:競技に関する今後の予定は?

まだ具体的に決まっていません。大会が開催されれば、全日本のみならず、実業団や地域レベルの大会でも出場したいとは考えています。

CS Slingerニュースリリース

朝倉智仁選手の外部情報サイト・SNS

KEIRIN.JP / Twitter / instagram

なお、CS Slingerの小林泰正・朝倉智仁 両選手ともに2020年6月27日(土)〜30日(火)に取手競輪場で開催される「水戸黄門賞(GⅢ)」出場予定。

【取手GⅢ:追記】SS郡司浩平、佐藤慎太郎、平原康多、ナショナル松井宏佑、新山響平出場/水戸黄門賞(GⅢ)・取手競輪場

関連記事

【前編】窪木一茂/吉川美穂/新村穣3選手へ入所直前インタビュー・トラック中長距離から競輪へ【お元気ですかナショナルチーム】

TAGS