全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪 優勝は松浦悠士/全プロ・豊橋FⅡ

全プロ 松浦悠士

写真提供:JKA

2020年5月30日(土)・31日(日)に豊橋競輪場にて開催された『2020年度全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪(全プロ)』。

全プロ初日は松浦悠士・清水裕友ら中国勢が好発進、優秀競争(10R〜12R)結果まとめ/全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪・豊橋

S級S班の選手6人のほか、自転車トラック競技日本ナショナルチームから4人の選手(河端朋之雨谷一樹松井宏佑新山響平)が出場した本開催。最終日31日の決勝(スーパープロピストレーサー賞)にて松浦悠士が優勝した。

最終12R

1 1 浅井康太 三重/90期
2 2 清水裕友 山口/105期
3 3 平原康多 埼玉/87期
4 4 坂口晃輔 三重/95期
5 諸橋愛 新潟/79期
5 6 菅田壱道 宮城/91期
7 松浦悠士 広島/98期
6 8 木暮安由 群馬/92期
9 村上博幸 京都/86期

浅井-坂口の三重ライン、清水-松浦の中国ライン、単騎・村上、平原-諸橋-木暮の関東ライン、単騎・菅田の並びで周回が進む。残り2周、先頭誘導員離脱のタイミングで平原-諸橋-木暮、菅田が上昇。

残り1周半のタイミングで清水-松浦、村上がさらに外から上昇し、清水と松浦の中国コンビが先頭を取る。その後ろで村上と諸橋が絡み、諸橋が落車するアクシデントも。

全プロ SPR賞

写真提供:JKA

残り1周を清水が先行。そのまま逃げ切ることはできず、番手の松浦が1着でフィニッシュした。

車番 選手名 府県/期別 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 7 松浦悠士 広島/98期 11.5 差し
2 3 平原康多 埼玉/87期 3/4車身 11.4 差し
3 8 木暮安由 群馬/92期 1/4車輪 11.3
4 4 坂口晃輔 三重/95期 1/2車輪 10.9
5 6 菅田壱道 宮城/91期 1/2車身 11.3
6 1 浅井康太 三重/90期 1車身1/2 11.2
7 2 清水裕友 山口/105期 1車身 12.2 HB
5 諸橋愛 新潟/79期 落車棄権
9 村上博幸 京都/86期 失格押圧 入線順位:8
松浦悠士インタビュー

TAGS