東京2020オリンピックチケット、春期発売やリセールが一旦見合わせ

Tokyo 2020 Olympic Games 2 Years To Go

Photo by Matt Roberts/Getty Images

東京オリンピックの延期決定に伴い、東京2020組織委員会より発売済みのチケット及び今後予定されていたチケットの発売・リセールについての決定事項が発表され、当初予定されていた春期発売やリセールは一旦見合わせとなった。

購入済みの観戦チケットはどうなる?

購入済みの観戦チケットについては、原則そのまま利用できるよう検討を進めるとのこと。なお、日程・競技スケジュール・会場変更等により来場ができない場合、払い戻しを行う予定。

当初は6月以降に観戦チケットの発送を予定していたが、これについては一旦取りやめとなる。

観戦チケット春期販売は一旦見合わせ

当初予定されていた、東京2020チケットセンター有楽町での窓口販売を含めたチケットの春期販売・公式リセールは、一旦見合わせに。

「オリンピックチケットご用意されませんでした!」東京2020オリンピックチケット今後の販売スケジュールは?

パラリンピックの整理券はがき抽選申し込みは続行

上記の通り、東京2020チケットセンター有楽町における観戦チケットの窓口販売は一旦見合わせとなるが、パラリンピックの整理券はがき抽選の申込は申込期限まで受付を続行する。

なお、オリンピック・パラリンピックの本整理券はがき抽選の取扱いについては、現在検討中とのこと。

パラリンピック競技大会整理券はがき申込受付期間は3月13日~4月5日(必着)となっている。

「リセールってどんな制度?」オリンピックチケット2次抽選申し込み前に知っておきたいこと

東京2020大会延期に伴うチケットの取扱いについて

「整理券はがき抽選」って?

「整理券はがき抽選」とは、有楽町のチケットセンターに並ぶための整理券を獲得するためのはがきによる抽選。当選すると、集合日時・整理番号の入った当選通知(これが整理券となる)が送付される。

当選すれば有楽町のチケットセンターに並ぶことができるが、先着順でのチケット購入になるため、希望するセッションが人気の場合は売り切れて買えないということも考えられる。まず「戦地に馳せ参じる権利」を得るための抽選なのである。

オリンピック・パラリンピック延期に際してもこれは続行するとのことだが、オリンピック用の整理券はがき抽選の申し込み期限はすでに終了。パラリンピックについては引き続きチャレンジができる。

詳しくは公式サイトにてご確認を。

整理券はがき抽選による先行窓口販売(先着順)について

TAGS

Related Articles