東京オリンピック延期決定、トラック競技選手の反応

エリア・ビビアーニ

イタリア
リオ五輪 男子オムニアム金、ドゥクニーク・クイックステップ所属

「オリンピックが2021年へ延期されたことは、自分にとって最善の決定です。今日、私たちは大きな問題に直面しています。(トラック競技開催時期の)8月はまだ先の様にも思えますが、大きな大会のセキュリティは非常に難しいものでもあります。オリンピック、2021年に会いましょう!」

橋本英也

日本
2019-2020W杯 男子オムニアム 銅×1

レティシア・パテルノステル

イタリア
2020世界選手権 女子オムニアム銀

「東京への道は1年長くなりました。しかし、それは間違いなく正しい決定です。オリンピックはスポーツの祭典であり、世界は今恐ろしい危機と戦っています。祭典を行っている場合ではありません。
私は今年、挑戦への覚悟ができていました。来年であろうと気持ちは変わりません」

View this post on Instagram

La strada per Tokyo si allunga di un anno, ma non c’è dubbio: è la decisione giusta. Le Olimpiadi sono la festa dello sport. E in questo mondo che combatte una terribile emergenza, c’è poco spazio per le feste. Come ero pronta e determinata ad affrontare la sfida quest’anno, lo sarò anche l’anno prossimo. Anzi, forse di più. 🔥💫❤️ • • • The road to Tokyo will be a year longer, but there is no doubt: it is the right decision. The Olympics are the celebration of the sport and in this world that is fighting a terrible emergency, there no room for celebrations. As I was ready and determined to face the challenge this year, I will be ready and determined next year. Maybe more. 🔥💫❤️ ! Photo: @bettiniphoto

A post shared by Letizia Paternoster (@letiziapaternoster) on

クリスティーナ・フォーゲル

ドイツ
世界選手権 女子短距離種目11冠、オリンピック金×2

「オリンピックは私にとって2度、最高の時間でした。しかし今年は歴史的な年です。2020年はオリンピックが開催されません。皆にとってオリンピックが延期される事は明白でした。今この瞬間も多くの人が、あなたの命を守るために戦い、生活が脅かされています。そんな中、どうして大会が開催できるでしょうか?
スポーツは社会へ多くのものをもたらしてくれます。そして、私達は出来ることならオリンピックを全力で楽しみたいと思っています。おとぎ話の様に魅力的で、驚きへ満ちたね!
オリンピックは世界中へ影響力を持ちます。十分な選考大会やトレーニングキャンプが行えていない中、スポーツの世界が救われた事に感謝しています。選手たち、コーチ陣、スーパーバイザーたちが危険へ身を晒さなくて良くなった事が何よりの事です。
オリンピック委員会と日本にとって、非常に難しい決定であったでしょう。私は息を呑むような素晴らしいオリンピックとパラリンピックが2021年に開催される事を楽しみにしています」

View this post on Instagram

The Olympic Games… and two of the best times of my whole life…. but this year will be historic… 2020 will be no Olympic Games for Us.. Für alle war es klar: Die Olympischen Spiele werden verschoben… Im Moment, wo viele um Ihr Leben kämpfen, Menschen Angst um Ihre Existenzen haben, Wie sollen da die Spiele stattfinden? Sport gibt der Gesellschaft so viel. Aber wir wollen alle Olympische Spiele genießen, wie sie sein können: Märchenhaft, faszinierend, überraschend! Die Olympische Spiele haben Auswirkungen in die gesamte Welt. Mehr als nur die Medaillen, die ich schon um gewinnen durfte. Hier geht’s nicht um irgendwelche Qualifikationswettkämpfe und Trainingslager… Ich bin froh, dass die Sportwelt nun eine Erleichterung hat. Planbarkeit, aufatmen und vor allem: Athleten, Trainer, Betreuer, die sich nicht mehr in Gefahr begeben müssen. Was für eine schwere und folgenreiche Entscheidung vom @olympics und Japan. Ich freue mich auf atemberaubende Paralympische und Olympische Spiele 2021.———————————————————— #noolympics #olympics #covid_19 #corona #tokyo2021

A post shared by Kristina Vogel (@kristina.vogel) on

エマ・ヒンツェ

ドイツ
2020世界選手権 女子短距離種目 金×3

「殆どの人が東京オリンピックが来年になると気づいていたでしょう。スポーツは私にとって最高のものであり、他の多くの選手にとってもオリンピックは最大の目標です。でも人生においての健康は他の何よりも重要なものです。だから私は決定を受け入れ、1年長く準備を行います。この非常事態がいち早く収束するように、健康を守り、距離を保ちましょう」

ソフィー・フリードリヒ

ドイツ
2020世界選手権 女子短距離種目 金×2

「恐らくオリンピックが2021年へと延期されます。健康が最優先事項です。残念ながら、現状においてウィルスはコントロールされていません。オリンピックの延期は正しい判断でしょう。しかし、今回のオリンピックというゴールへ向けて費やしてきた痛み、汗、涙に悲しみを感じます。さあ気を取り直し、前を向きましょう!」

ポリーン・グラボッシュ

ドイツ
2020世界選手権 女子短距離種目 金×2

「アスリートとして、オリンピックでメダルを獲得し、スポーツ史へ名を残したいと考えています。しかし、私達によって歴史を作るタイミングは伸びました。オリンピックは2021年まで延期されます。誰もがこのような事態を望んでいなかったと思います。現在、世界は何十年に一度の問題に直面しています。私達はこのユニークなオリンピックでのメダルを勝ち取るために、まずはウィルスとの戦いへ勝たねばなりません!オリンピックは私達の心と頭から逃げ出すことはありません!だから家に居て、指示へ従い、夢を見続けましょう! #roadtotokyoで頑張り続けますが、今回は2021年ですね!」

View this post on Instagram

As an athlete you normally want to create your spot in the sport history by winning an Olympic Medal. But at the moment the history is not made by us. The Olympic Games are postponed until 2021. 😢🤷🏻‍♀️😱 • I think nobody wanted this to happen but at the moment the global society is facing one of the biggest challenge for decades! We have to win the fight against the virus before we can fight for these unique Olympic medals and moments! The OLYMPIC DREAM will never get out of our hearts and heads! So please stay home, follow the instructions and keep on dreaming! We will work hard for the #roadtotokyo but this time in 2021! ❤️🥇🥈🥉❤️ • • • #olympicdream #tokyo2021 #focusonthepositive #moments #corona #olympicgames #2021 #keepondreaming #fightback #stayathome

A post shared by Pauline Grabosch (@pauline_grabosch) on

少しも傷ついていないふりはできない

TAGS