今シーズン初めての「強豪集結」・・・結果はどう出る?/世界選手権 見所紹介 part4 男子オムニアム編

Men's Omnium / Point Race / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia, 橋本英也

いよいよ2月26日から始まる『トラック世界選手権2020』。2019-20シーズンの締めくくりであり、この大会がオリンピック前の出場枠を決める戦いとして、そしてオリンピックの日本代表メンバー争いとして最終決戦となる。

More CADENCEではこの世界選手権を「日本の選手が出場するオリンピック種目」にフォーカスして、見所を全9シリーズで公開。今回はシリーズ4本目、男子オムニアム編。

シリーズを最初から読む>世界選手権 見所紹介 part1 男子チームスプリント編

男子オムニアム

今シーズンの結果をまとめると以下の通り。

トラックW杯
第1戦
1位マシュー・ウォールズイギリス
2位エリア・ビビアーニイタリア
3位ルイ・オリベイラポルトガル
トラックW杯
第2戦
1位ベンジャミン・トマフランス
2位マーク・スチュワートイギリス
3位フランセスコ・ラモンイタリア
トラックW杯
第3戦
1位キャンベル・スチュワートニュージーランド
2位ロジャー・クルーゲドイツ
3位テリー・シア―スイス
トラックW杯
第4戦
1位キャンベル・スチュワートニュージーランド
2位キャメロン・マイヤーオーストラリア
3位アルチョム・ザカロフカザフスタン
トラックW杯
第5戦
1位アーロン・ゲイトニュージーランド
2位ロジャー・クルーゲドイツ
3位橋本英也日本
トラックW杯
第6戦
1位ヤン・ウィリアム・ファンシップオランダ/BEAT Cycling Club
2位ダニエル・スタンゼウスキポーランド
3位ガビン・フーバーアメリカ

日本人選手の結果

第1戦出場選手なし
第2戦16位今村駿介
第3戦11位窪木一茂
第4戦4位橋本英也
第5戦3位橋本英也
第6戦出場選手なし

世界選手権が今シーズン初めての「強豪集結」

TAGS