公益財団法人JKAが東京2020オフィシャルコントリビューターに

伊豆ベロドローム

2020年1月20日、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から、「公益財団法人JKAとの東京2020オフィシャルコントリビューター契約の締結」についてアナウンスがされた。

JKAの貢献内容は伊豆ベロドロームの会場整備への財政支援』となっている。

2020東京オリンピックの自転車競技(トラック)の会場となる伊豆ベロドロームは、2020年1月20日現在、オリンピックへ向けた改装工事の真っ只中。競輪・オートレースを振興する公益財団法人JKAが、その伊豆ベロドロームの会場整備への財政支援を行う事が発表された形だ。

伊豆ベロドローム

東京2020オフィシャルコントリビューター

東京2020オフィシャルコントリビューターとは、東京2020大会の開催のために貢献する非営利団体対象のプログラムである。

東京2020スポンサーシッププログラムとは異なるものであり、オフィシャルコントリビューターは貢献内容に基づいた呼称などの権利を国内において行使することが可能になる。

東京2020オフィシャルコントリビューターとは(2020東京オリンピック公式サイト)

東京2020オフィシャルコントリビューター契約の締結について(JKA公式サイト)

JKA及び組織委員会会長 コメント

TAGS