「パーキンスツヨイ!ツヨイ!」海外勢、今期最終戦を制したのはドミトリエフ/川崎

今期最後のレースを制したのは

2017年11月24日〜26日の3日間にわたり川崎競輪場で開催されたラ・ピスタカップ・スポニチ杯、最終日の12R決勝。

今年のヨーロッパ選手権ケイリン銀メダルのシェーン・パーキンス選手、ヨーロッパ選手権男子スプリント銅メダルのデニス・ドミトリエフ選手、今年のチェコベストサイクリスト受賞のトマシュ・バベク選手と3人の強豪選手が出場。

短期登録選手制度を利用していた外国人選手たちにとって、この川崎F1戦が今期最後のレースでもある。

「今年最後のレースを楽しみたい」ドミトリエフ、バベク、パーキンスに川崎F1戦前検日インタビュー

最後はドミトリエフ

海外勢はパーキンスを先頭とし、ドミトリエフ、バベクの並びで最後尾で打鐘を迎える。

先に列中団から佐藤龍二(神奈川/94期)、桐山敬太郎(神奈川/88期)、大森慶一(北海道/88期)の南関東ラインが先頭へ海外勢を抑えて前に出る。

しかし海外勢はこれをものともせず、パワー勝負で外側から一気に抜け出した。最後の直線は海外勢のゴール争いに。先頭パーキンスでそのまま決まるかという所で、ドミトリエフがゴール前で差し、優勝を勝ち取った。

川崎F1戦の前検日インタビューでは「ここには勝ちにきている」と答えていたドミトリエフ。まさに有言実行、見事に勝ちをさらっていった。

川崎の後はパーキンスとドミトリエフは帰国しトラックワールドカップの第4戦へ備える。バベクもまた、短い休暇を挟みトラック世界選手権へ参戦する。

ダイジェスト動画(YouTube)

ラ・ピスタカップ・スポニチ杯 12R S級 決勝結果

車番選手名年齢府県期別級班着差上り決まり手H/B個人状況
12ドミトリエフ31ロシアS210.8差し
25パーキンス30オースS21/2車身11.0捲りB
37バベク30チェコS21/4車輪10.8
46大森慶一36北海道88S25車身11.1
54桐山敬太郎35神奈川88S23/4車身11.3
68宿口陽一33埼玉91S21/8車輪10.9
79矢野昌彦35栃木91S11車身1/211.0
83小嶋敬二48石川74S14車身11.4
91佐藤龍二29神奈川94S18車身12.6H

デニス・ドミトリエフ選手 優勝インタビュー

TAGS