競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

ガールズグランプリ2019・児玉碧衣が史上初の連覇/KEIRINグランプリ2019シリーズ

2019/12/28

レースレポート

出走直後、先頭を取ったのは立川がホームバンクの奥井。奥井、石井寛子、梅川の東京組が地元の気合を見せるかのように先頭3車となり、その後ろに小林、佐藤、児玉、石井貴子の並びで周回が進む。

最終周回に入るタイミングで梅川が前2人と距離を取るが、並びは変わらないまま残り1周へ。2コーナー付近で児玉が佐藤の内側を掬って前に上がる。

残り半周を過ぎたところで3番手だった梅川、その後ろの小林が外からまくろうとし、さらにその外に児玉が並ぶ。先頭は奥井で変わらず、2番手の位置に内側から石井寛子、梅川、小林、児玉の4車が横並びの状態となる。

外の児玉と小林が加速し前に出たところで、石井寛子、梅川が落車。最終ストレートに入ろうとするところで、児玉が抜け出して先頭、2番手は小林、後ろから上がってきた石井貴子が続く。

1着は児玉。最後の最後に差した石井貴子が2着で、3着に小林が入った。

KEIRINグランプリ2019 ガールズグランプリ

落車した石井寛子と梅川は、他の選手らのフィニッシュ後に立ち上がった。それぞれが自転車に再びまたがり、観客の応援を受けながらゆっくりとフィニッシュラインを超えた。

結果

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 3 児玉碧衣 24 福岡 108 L1 12.5 捲り
2 5 石井貴子 29 千葉 106 L1 2車身 12.4 差し
3 2 小林優香 25 福岡 106 L1 1/4車輪 12.7
4 6 佐藤水菜 21 神奈川 114 L1 1車身1/2 12.7
5 7 奥井迪 38 東京 106 L1 3車身 13.3 HB
6 4 石井寛子 33 東京 104 L1 落再入
7 1 梅川風子 28 東京 112 L1 落再入

「来年は、3連覇!」

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。