【詳報】因縁の対決を制した日本、2大会連続の金メダル獲得/男子チームスプリント(新田祐大/深谷知広/長迫吉拓)・2019-2020トラックワールドカップ第5戦オーストラリア

Men's Team Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP IV, Cambridge, New Zealand, 新田祐大 長迫吉拓 深谷知広

12月13日、オーストラリア・ブリスベンで開催が始まった『2019-2020トラックワールドカップ第5戦』。大会初日に男子チームスプリント決勝が行われ、日本チーム(第1走:長迫吉拓/第2走:新田祐大/第3走:深谷知広)が金メダルを獲得!前回のニュージーランド大会に続き、日本は2大会連続でワールドカップ金メダル獲得となった。

新田にとっては、自身が最後と語るワールドカップ、その最終レースで金メダルを獲得。深谷は今シーズン出場したワールドカップの全大会でメダル獲得を果たした。そして長迫は現役BMXの日本代表選手ながら、トラックワールドカップでの金メダル獲得という世界初の快挙を成した。

チームスプリントの勝ち上がり/ルール

予選→1回戦→決勝/3位決定戦という形でレースが進む。チームは3人1組(女子は2人1組)。1列棒状となって進み、1周ごとに先頭が隊列から離れていく。最終的に残った選手のフィニッシュタイムがチームのタイムとなる。

Qualifying / Men's Team Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia

予選

今大会に出場したのは11チーム。その中の上位8チームが1回戦へと進む。

日本は第4戦で16年ぶりに金メダルを獲得したチームからメンバーを1人代え、第1走にBMX日本代表から緊急召還された長迫吉拓(前回は雨谷一樹)、第2走は新田祐大、そして第3走に深谷知広のdream SEEKERメンバーの布陣で臨む。

Qualifying / Men's Team Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia

今大会には前回大会に準優勝したポーランド、そして過去3回、この種目で世界チャンピオンに輝いたことがあるニュージーランドチームも参戦した。

Qualifying / Men's Team Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia

Poland

1st Round / Men's Team Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia

New Zealand

日本は予選のタイムを43秒490とし、11チーム中2番目に速いタイムで予選を突破。

Qualifying / Men's Team Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia

Qualifying / Men's Team Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia

Qualifying / Men's Team Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia

Qualifying / Men's Team Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia

Qualifying / Men's Team Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia

1位は元世界チャンピオンのニュージーランドで43秒221。3位はホスト国オーストラリアで43秒588となった。

1st Round / Men's Team Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia

Australia

予選公式リザルト

1回戦をトップ通過

TAGS