強すぎ!シェーン・パーキンスまたも完全優勝!/伊東F1ワールドエボリューション

Shane Perkins

パーキンスを誰が止められるのか?

2017年11月17日から3日間、伊東温泉競輪場で開催された第28回F1ジャパンカップのワールドエボリューション最終日11R。国際競技ルール・カーボンバイクで開催されるエボリューションレースの3日制トーナメントに、ヨーロッパ選手権ケイリン銅メダルのシェーン・パーキンス、今年のチェコベストサイクリスト受賞トマシュ・バベク、日本ナショナルチーム早坂秀悟が出場。

獲得賞金1億円越え!シェーン・パーキンスがまた完全優勝/平塚F1

Shane Perkins

打鐘手前から5番トマシュ・バベク(チェコ)が仕掛け、番手につける6番シェーン・パーキンス(オーストラリア)。この時、先頭の2番佐藤友和(岩手/88期)も粘るが、残り1周で先行バベク、パーキンス、戸田が前へ。番手のパーキンスは絶好の位置取り。最後は先頭のバベクを外からまくりあげての1着。

このところ完全優勝続きで、もはや負け知らずのイメージが定着しつつあるシェーン・パーキンス。先日獲得賞金1億円越えの快挙を達成したシェーン・パーキンスが、またも完全優勝を果たした。

次節は11月24日〜26日の川崎F1。このレースには同じロシアナショナルチームのデニス・ドミトリエフ、今回対戦のトマシュ・バベクも出場する。なお、パーキンスとドミトリエフはこの川崎を以て帰国し、年明けのワールドカップ、世界選手権へ備えるため、日本でのラストレースになる。

第28回F1ジャパンカップ 11R S級 エボリューション 決勝

第28回F1ジャパンカップ 11R S級 エボリューション 決勝結果

車番選手名年齢府県期別級班着差上り決まり手H/B個人状況
16パーキンス30オースS29.3差し
25バベク30チェコS23/4車身9.5逃げHB
33戸田洋平34岡山92S21/2車身9.3
42佐藤友和34岩手88S11車身1/29.3
54早坂秀悟31宮城90S11車輪9.5
67小嶋敬二48石川74S11車身9.4
71稲毛健太28和歌山97S12車身9.7

シェーン・パーキンス選手 優勝インタビュー

TAGS