松井宏佑GⅢ(記念競輪)初優勝/別府競輪オランダ王国友好杯(GⅢ)

松井宏佑

11月30日から別府で開催されていたオランダ王国友好杯(GⅢ)。最終日となる12月3日、日本ナショナルチームでも活躍し、トラックワールドカップ銅メダリストでもある松井宏佑が優勝。松井はこれがGⅢ(記念競輪)初優勝。

最終12R

12月3日の最終レースに顔を揃えたのは以下のメンバー。

1SS浅井康太三重/90期
2S1木暮安由群馬/92期
3S1岩本俊介千葉/94期
4S1稲毛健太和歌山/97期
5S1大槻寛徳宮城/85期
6S1簗田一輝静岡/107期
7S1稲垣裕之京都/86期
8S1坂本貴史青森/94期
9S2松井宏佑神奈川/113期

松井宏佑

先頭から稲毛、稲垣、木暮、浅井、坂本、大槻、松井、岩本、簗田の並びの状態でジャンが鳴る。

残り半周のタイミングで3番手木暮以降にいた選手が前に出ようと一気に動き出す。内から上がってきた大槻と外から上がろうとする浅井に挟まれ、3番手だった木暮は内も外も詰まり身動きの取れない状態。その更に外から松井、岩本が上がる。

集団が団子の状態で進む中、残り1/4周付近で8番手から上がろうとした簗田と浅井が接触し、浅井が転倒。

松井宏佑

団子状態の内側から距離をとって外を走っていた松井が1着でフィニッシュ。2着は岩本、3着は稲垣となった。

松井宏佑

表彰式インタビュー

TAGS