太田りゆ、前田佳代乃出場の女子スプリントでフォーゲルが今大会3つ目の金「世界選手権10個目のタイトルを狙う」/2017-18トラックワールドカップ第2戦

1回戦、前田佳代乃が僅差で勝利

1発勝負となる1回戦は対戦形式。前田は世界選手権ケイリン銅メダリスト、デグレンデレ(ベルギー)と対決。外からの追い込みをかけ0.014秒の僅差で勝利し、2回戦へ歩を進めた。

前田佳代乃VSデグレンデレ(ベルギー)

前田佳代乃VSデグレンデレ(ベルギー)

前田佳代乃VSデグレンデレ(ベルギー)

前田佳代乃VSデグレンデレ(ベルギー)

前田佳代乃VSデグレンデレ(ベルギー)

太田はスタリコワ(ウクライナ)と対するも0.111秒の差で敗退、2回戦進出は叶わなかった。

太田りゆVSスタリコワ

太田りゆVSスタリコワ

太田りゆ

女子スプリント1回戦 リザルト

2回戦、前田はボイノワに敗退

前田の対戦相手はボイノワ(ロシア)。1発勝負の戦いはボイノワに軍配が上がった。日本人選手たちは2回戦まででこの種目から姿を消す。

前田佳代乃VSアナスタシア・ボイノワ

前田佳代乃VSアナスタシア・ボイノワ

女子スプリント 2回戦リザルト

決勝、フォーゲルがファンリーセンを下し優勝

準決勝、VOGEL Kristina vs BRASPENNINCX Shanne

準決勝、VOGEL Kristina vs BRASPENNINCX Shanne

準決勝、アナスタシア・ボイノワVSロリーヌ・ファンリーセン

準決勝、アナスタシア・ボイノワVSロリーヌ・ファンリーセン

決勝、クリスティーナ・フォーゲル vs ロリーヌ・ファンリーセン

その後、準々決勝、準決勝とレースは進み、迎える決勝。

金メダルを争ったのは、やはりこの人たち。今シーズン負け知らずのフォーゲルと、ファンリーセン。勝負はフォーゲルが1本目を先行で、2本目を追い込みでスピード勝ち。

表彰式では優勝選手の国歌が流れるのだが、いったい何度ドイツ国歌が流れたことだろう…。フォーゲルはポーランドの第1戦に続き、出場した3種目(チームスプリント、スプリント、ケイリン)全てを制し、表彰台トップを独占したのだ。

決勝、クリスティーナ・フォーゲル vs ロリーヌ・ファンリーセン

決勝、クリスティーナ・フォーゲル vs ロリーヌ・ファンリーセン

決勝、クリスティーナ・フォーゲル vs ロリーヌ・ファンリーセン

女子スプリント決勝リザルト

クリスティーナ・フォーゲル選手インタビュー

一体どこまで上を目指すのですか?

うーん、行けるところまで行ってみるだけですね。モチベーションが下がることもないし(笑)目下の目標ならありますよ。これまで世界選手権で9つのタイトルを獲得しているので、今シーズンで10個目を獲ることです!!

ロリーヌ・ファンリーセン選手のコメント

もう少しフォーゲルを苦しめられたら良かったんだけど、スピードが違いすぎました。世界選手権までに差を埋められるかわからないですが、頑張るしかないですね。調子は上がってきているので、次のワールドカップ(第3戦)も頑張ります。

Text : Mizuki Ida
Photo : Shutaro Mochizuki

TAGS