深谷知広が2大会連続の銅メダル、ラブレイセンが3連覇/男子スプリント・2019-2020トラックワールドカップ第3戦香港

準々決勝

ここから2本先取で勝ち抜け。

新田vsラブレイセン

世界チャンピオンとの対戦となった新田の準々決勝。1本目はラブレイセンが終始先行して先取。2本目は新田が先行しながら最終周回へと入るが、最後はラブレイセンが外から追い込み先着。新田は準々決勝敗退となった。

Quarter Finals / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

河端vs深谷

1本目は河端が先行する形で最終周回に入ると、後ろにいた深谷がバンクの上部から勢いを付けて一気に河端を追い抜き一本目を先取。

2本目は深谷が前、河端が後ろで進むが1周を過ぎると河端が前へ。レースは1本目と同じく河端が先行する形で進むが深谷が最終ストレートで河端を捕らえて2本先取。勝ち抜けを決めた。

Quarter Finals / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

準々決勝公式リザルト

準決勝

深谷vsホーフラント

Semi Finals / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

1本目はホーフラントが前、深谷が後ろの形でお互いが睨み合う中ゆっくりと1周が過ぎる。1周半を過ぎたところで深谷がスピードを上げ、そのタイミングに合わせてホーフラントもペダルを踏み上げていく。残り1周を切ると深谷を大きくバンクの上段にけん制し、ホーフラントが勢いをつけてスプリント体制へ。それを追うのが深谷だったが、ホーフラントを捕らえることが出来ずに1本目を落としてしまう。

2本目は深谷が逃げてホーフラントが追う形となるが、最後にホーフラントに捕まり3位決定戦へと回る結果となった。

3位決定戦

深谷vsルディク

Final / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

深谷がメダル決定戦で対戦することになったのは第2戦のメダル決定戦と同カード、マテウス・ルディク(ポーランド)。2019年の世界選手権銅メダリストとの再戦となった。

1本目はルディクが前、深谷が後ろで残り1周へ。

Final / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

逃げるルディクに追う深谷となったが、最終4コーナーに差し掛かると深谷が驚異のスピードで文字通り”グングン”と伸びていく。

Final / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

Final / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

Final / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

最終ストレートでは僅差でルディクを捕らえて先着し、まずは1本目を得た。

Final / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

2本目は逆の形で深谷が前、ルディクが後ろとなってレースが進む。残り1周になると深谷とルディクとの車間は2車身ほどあり、深谷がスプリント体制に入るとルディクはバンクを少し上がっては下がり、勢いを付けて深谷を捕らえにかかる。

Final / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

しかし前で粘る深谷にルディクは並ぶことが出来ず。深谷は2本目も先着し、強豪ルディクをストレートで下して2大会連続の銅メダルを獲得した。

Final / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

Final / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

決勝

TAGS