深谷知広が2大会連続の銅メダル、ラブレイセンが3連覇/男子スプリント・2019-2020トラックワールドカップ第3戦香港

決勝

ラブレイセン対ホーフラントとなった戦いは世界チャンピオンのラブレイセンがホーフラントをストレートで下してワールドカップ3連覇を達成。自身の強さを改めて示す形となった。

Final / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

Final / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

最終結果リザルト

深谷知広コメント

TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong

Q:2大会連続のメダルおめでとうございます。今の気持ちは?

前回よりも嬉しいです。

Q:前回は安定した結果を残せることが大事だと言っていましたが、2大会連続の意味は?

2大会連続のメダルなので、前回がまぐれではなかったことがしっかりと証明できたと思います。それが凄く嬉しいですね。

Q:世界トップとの戦いが続いていますが、自分の中での手応えはどうでしょうか?

この2連戦で世界トップの2人と対戦出来たというのは凄く良い経験になったと思います。力の差は感じたので、世界選手権までにはその差を埋められるように対策を考えたいと思います。

Q:準々決勝では河端選手との戦いでしたが、やり辛さなどは?

やり辛いところはありましたが、どっちが勝っても日本人が勝ち上がれるということは凄く良いことだと思います。ベスト8に日本人が3人残ることは今までに無かったことだと思うので、日本チームにとっても大きな躍進になった大会だと思います。

Q:次のレースへの抱負をお願いします

銅メダルが続いているので、次はもっと良い色のメダルを目指して頑張りたいと思います!

TAGS