【窪木一茂】まずは日本記録の更新 大会前インタビュー/2019-2020 UCIトラックワールドカップ第3戦香港

TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III , Hong Kong, 窪木一茂

2019-2020 UCIトラックワールドカップ第3戦、香港大会がいよいよ11月28日(本日)から開幕する。初日は現地時間18時(日本の19時)より男女のチームパシュート予選だけが行われる予定となっている。

まずは大会前の中・長距離男子チームから窪木一茂選手の意気込みをお届けします。

窪木一茂選手

TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III , Hong Kong, 窪木一茂

Q:今シーズンのワールドカップ初参戦となりますが、調子は?

身体の状態も気持ちも良い感じです。

Q:男子チームパシュートは第3戦にして初参戦ということになりました。

そうですね。まずは参加出来ることにスポンサーのブリヂストン、そしてチームに感謝しています。東京オリンピックへの出場、その現状は今のところ厳しいですが、クレイグコーチと僕たちにとってのワールドカップ初戦なので、どこまで通用するのかというのを皆が楽しみにしています。チームパシュートのチームの目標としては6位以内、そして日本記録の更新を目標に話し合っています。

TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III , Hong Kong

Q:日本記録は3分57秒ですが、3分55秒辺りを狙うということでしょうか?

いきなり3分50秒台前半というわけにはいかないと思います。まずは日本記録の更新からですね。目の前のレースに集中します。

ブリヂストンがチームパシュート日本記録を更新「オリンピックへの可能性はゼロじゃない」/2019全日本トラック・男子エリート チームパシュート

Q:オムニアムにも出場しますが、意気込みは?

チャンスは少なく、この3連戦(3~5戦)で世界選手権に出場する選手が決まると言われています。自分はこの香港で最高の結果を残してアピールするしかありませんので、強い気持ちでレースに臨もうと思っています。自分の能力は絶対に去年よりは上がっているので楽しみです。

肝になるのは1種目目のスクラッチで、そこで上位に入れればとは思っています。2種目目までが20分、3種目目が35分と休憩の時間が少ないので、1種目目でどれだけ上位に入ってスタートを切れるかが大事だと思っています。

Q:具体的な目標は?

表彰台を狙っています。自信はあります。

Q:マディソンは?

マディソンを走ることでオムニアムのトレーニングになるし、逆もまた然りです。どちらも大切に走って次に繋げたいと思います。

トラックワールドカップ第3戦 香港 スケジュール

大会は女子チームパシュートが18時(日本時間19時)から、男子が18時48分からの予定。

TAGS