ワールドカップ第2戦直前、日本代表の抱負/2019-2020トラックワールドカップ第2戦イギリス

梶原悠未

梶原悠未 TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP II, Glasgow, Great Britain

Q:これが今シーズンのワールドカップ初戦となりますが、どの様な気持ちで臨みますか?

第1戦の結果を見て、どの選手もオリンピックに向けて調子を上げてきていることが分かりました。今回はこの舞台で走れることにとてもワクワクしています。

Q:前の世界選手権が終わってから準備をしてきたと思いますが、どのように過ごしましたか?

ロードを走りながらだったのですが、年間を通してスピードとパワーの面で自分の課題をブレずに徹底的に強化してきました。その点で世界の選手たちを相手にどれだけ戦えるようになったかというところを確かめたいと思います。

Q:大事な部分はどういったところになりますか?

技術、スピード、そして自分の力を全て出し切るということが勝負において大切になってくると思うので、自信を持って、自ら前に前にと積極的なレースが出来るように心がけたいと思います。

Q:目標はいかがでしょうか?

まずはワールドカップでしっかり表彰台に上がって、色は金を狙って走っていきたいと思います。今シーズンはここまで国内やアジアでは去年以上のレースが出来てきました。世界の舞台でこれまで以上のレースが出来るのかどうかを課題にして取り組んでいきたいと思います。

今村駿介

今村駿介 TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP II, Glasgow, Great Britain

Q:ワールドカップが始まりますが、今の気持ちは?

まずはここで走らせてもらえるということがありがたいという気持ちです。窪木選手や橋本選手もチーム内にいますが、まずはオムニアムのオリンピックに出場する選手争いに加わることが目標だったので、まずはそこに来れたことが良かったかなと思います。

Q:準備の方はいかがでしょうか?

やれるだけはやってきたつもりですが、少し日本でのトレーニングで身体が上手くかみ合わない感じもありました。こっちに来て少しずつ疲労も抜けてきているので、レースまでにはコンディションが上がっていくと思います。

Q:課題は?

1種目目のスクラッチでは最後のスプリントまでに体力を削られるということが今まで多かったです。今年はロードでも走ってきたので、ロードで培ってきた部分を活かしたいというのと、しっかりレースの展開をみながら、1つでも上位を狙って1点でも高い点数を獲ってポイントレースまで繋げられればと思います。

Q:目標は?

今回はトップ10を狙いたいです。ただ、自分のパフォーマンスを最大限に出せれば後のワールドカップにも繋がっていくと思うので、しっかり4種目で自分の持っている物を出し切りたいと思います。

中村妃智

中村妃智 TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP II, Glasgow, Great Britain

Q:ワールドカップシーズンの始まりですが、レースにはどのように臨みますか?

最近直近であったアジア選手権で結果だけを追い求め過ぎて周りが見えなくなってしまったという反省点が残っています。今回は冷静に落ち着いて回りが見えるようにしたいなと思っています。

Q:準備は?

自分の中では計画的に見てトレーニングしてこれたかと思います。イギリスに入ってからは前向きに調整も出来ています。

Q:今回のテーマ、目標を聞かせて下さい(出場はマディソン)

アジアと世界の戦い方は全く違ったモノになりますし、今回強いチームもイギリスに集まってきているのでペースも上がります。オリンピックを想定し、このペースの中でしっかり走っていけたらと思っています。

TAGS