デニス・ドミトリエフ「今の自分を信じる」ロリーヌ・ファンリーセン「予選は1位通過を」/2019-2020トラックワールドカップ第1戦ベラルーシ

ロリーヌ・ファンリーセン「スプリント予選は1位通過を狙う」

トラック最強国オランダ期待の女性スプリンター、ロリーヌ・ファンリーセン。彼女も東京オリンピックでのメダル獲得に強い思いを持った女子選手の1人。

スピードスケート選手としてバンクーバーオリンピックで銅メダル獲得を果たした彼女。その後自転車選手に転向し才能を開花させると、リオ五輪出場を果たし、ワールドカップでもメダルを幾度も獲得。

短期登録選手として来日も果たしており、東京オリンピックでもメダルを視野に着実に進化している。そんな彼女のワールドカップ直前の心境を聞いた。

Q:東京オリンピックへ向けた最後のシーズンとなりましたが、今の心境は?

新シーズンが始まるということで今はとても興奮しています。出場枠を取ってオリンピックに出ることがとても楽しみです。

Q:この大会に向けて良い準備はできましたか?

はい。少し寒いですが、スプリントとケイリンに向けて準備はできています。

Q:目標を教えてください。

スプリントは予選1位で通過し、対戦へ繋げていきたいです。ケイリンでは持ち味のロングスプリントで勝負していきたいです。

Q:勝つ自信はありますか?

とても厳しい戦いにはなると思ってます。とても強い選手ばかりで、決して簡単なことではありませんが、メダルを目指して頑張っていきたいと思ってます。

Q:ケイリンで勝つために重要なことは?

ケイリンはとてもエキサイティングなレースで、冷静に戦術を組み立てることと、スピードが必要です。自分のベストを尽くして結果を求めていきたいです。

TAGS

Related Articles