ブリヂストンがチームパシュート日本記録を更新「オリンピックへの可能性はゼロじゃない」/2019全日本トラック・男子エリート チームパシュート

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

9月16日、日本競輪選手養成所内『JKA250』で開催された『第88回 全日本自転車競技選手権大会 トラック・レース(2019全日本トラック)』男子エリート チームパシュート決勝でTEAM BRIDGESTONE Cycling(沢田 桂太郎、橋本 英也、窪木 一茂、近谷 涼、予選:沢田 桂太郎)が日本記録を約0.3秒更新する3分57秒488を記録し、日本チャンピオンへと輝いた。

予選

出走チームは岐阜県チーム、鹿屋体育大学、日本大学、そして大本命TEAM BRIDGESTONE Cycling。

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

予選は1チームずつ出走し、タイム上位1・2位は決勝へ、3・4位は3−4位決定戦へ進む。

予選各チームの走順とメンバーは以下の通り。2019全日本トラック男子エリート チームパシュート スタートリスト

1鹿屋体育大学長松 空吾、高良 柊也、河藤 相真、古谷田 貴斗
2岐阜県棚瀬 義大、永田 吏玖、日比野 丈、三嶋 陸斗
3日本大学高橋 舜、貝原 涼太、中山 駿、兒島 直樹
4TEAM BRIDGESTONE Cycling沢田 桂太郎、橋本 英也、窪木 一茂、近谷 涼

当初予定されていたホームバック同時発走ではなく、各チーム単独発走で行われた予選。TEAM BRIDGESTONE Cyclingは日本記録(2018 近谷涼、一丸尚伍、沢田桂太郎、今村駿介)の更新に意欲を燃やす。

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

1走:沢田桂太郎

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

2走:橋本英也

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

3走:窪木一茂

4走:近谷涼

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

男子エリート チームパシュート / 2019全日本トラック

しかしタイムは日本記録へわずか0.092秒届かない3分57秒893。この結果、TEAM BRIDGESTONE Cyclingと日本大学が1−2位決定戦へ、岐阜県・鹿屋体育大学が3−4位決定戦へ進む。

2019全日本トラック男子エリート チームパシュート 予選リザルト

決勝

TAGS