窪木一茂が日本記録を5秒更新し2連覇&3度目の優勝、ブリヂストンが表彰台を独占/2019全日本トラック・男子エリート 4km個人パシュート

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

2019年9月14日、日本競輪選手養成所内『JKA250』で開催された『第88回 全日本自転車競技選手権大会 トラック・レース(2019全日本トラック)』男子エリート4km個人パシュートの予選で、窪木一茂が自身が持つ日本記録を約4秒上回る4分15秒889を記録。さらに決勝では近谷涼を下し、2年連続&自身3度目の個人パシュート全日本王者の座へと輝いた。

予選

出場15人のうち上位2名が決勝、次ぐ2名が3-4位決定戦に進出する。日本ナショナルチームから一丸尚吾新村穣近谷涼今村駿介窪木一茂橋本英也が出走。ここで窪木一茂は昨年記録し自身で保持している日本記録、ならびに大会記録(4:20.065)を大きく更新し新たな日本記録&大会記録を打ち立てた。

決勝進出を果たした4名は以下の通り。

窪木一茂TEAM BRIDGESTONE Cycling4:15.889
近谷涼TEAM BRIDGESTONE Cycling4:22.637
今村駿介TEAM BRIDGESTONE Cycling4:23.511
橋本英也TEAM BRIDGESTONE Cycling4:24.487
男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

松山福人(日本体育大学)

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

古谷田貴斗(鹿屋体育大学)

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

齋藤知樹(明治大学)

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

渡邉正光(JPCA)

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

一丸尚伍(シマノレーシングチーム)

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

新村譲(CS Slinger)

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

渡邉翔太郎(愛三工業レーシングチーム)

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

貝原涼太(日本大学)

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

原田裕成(Ciel Bleu鹿屋)

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

近谷涼(TEAM BRIDGESTONE Cycling)

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

今村駿介(TEAM BRIDGESTONE Cycling)

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

橋本英也(TEAM BRIDGESTONE Cycling)

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

男子エリート個人パシュート予選リザルト

決勝(窪木一茂VS近谷涼)

決勝では、窪木一茂と近谷涼のチームブリヂストンサイクリング対決に。ここでも窪木一茂が安定したラップタイムを刻み、危なげなく勝利。2019全日本トラック男子エリート 4km個人パシュートにおいて2年連続の勝利を収めた。

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

窪木一茂TEAM BRIDGESTONE Cycling4:22.343
近谷涼TEAM BRIDGESTONE Cycling4:26.421

3−4位決定戦

予選のタイム3−4位の今村駿介、橋本英也で決戦。予選タイムでは遅れをとった橋本英也がタイムを上げ3位に決定。

今村駿介TEAM BRIDGESTONE Cycling4:28.363
橋本英也TEAM BRIDGESTONE Cycling4:23.681

男子エリート個人パシュート / 2019全日本トラック

「このくらいは出るだろうという自信があった」窪木インタビュー

TAGS