3本目へもつれ込む激闘、小林優香が自身初のスプリント日本女王へ/2019全日本トラック 女子エリート スプリント

女子エリート・スプリント 小林優香 / 2019全日本トラック

2019年9月14日〜9月16日、日本競輪選手養成所内『JKA250』で開催している『第88回 全日本自転車競技選手権大会 トラック・レース(2019全日本トラック)』女子エリートスプリントでは、3本目までもつれこんだ接戦の末、小林優香が太田りゆを下し、自身初の全日本スプリントのタイトルを手にした。

勝ち上がり方式

予選(200mタイムトライアル)→準決勝→決勝

予選(200mタイムトライアル)

ナショナルチームから太田りゆ山口真未小林優香が出走。予選は200mのタイムトライアルで行なわれ、ここでのタイム上位4人が準々決勝へ進出する。上位4人のタイムは以下の通り

尾方真生Japan Institute of KEIRIN11.907
山口真未エクストリームつくば11.760
太田りゆTEAM BRIDGESTONE Cycling11.013
小林優香Dream Seeker Racing Team11.198

なお、太田と小林のタイムはこれまでの大会記録(2014年:前田佳代乃による11秒239)を上回る。

女子エリート・スプリント / 2019全日本トラック

女子エリート・スプリント / 2019全日本トラック

女子エリート・スプリント / 2019全日本トラック

女子エリート・スプリント / 2019全日本トラック

女子エリート・スプリント / 2019全日本トラック

予選 リザルト

準決勝

組み合わせと結果は以下の通り

1組太田りゆ
尾方真生

1本目は太田りゆが外側スタート。開始からすぐに太田りゆがすぐに降り、尾方の様子を後ろから見ながら最終周3コーナーでまくり始めそのまま先行。

尾方真生が外からスタートの2本目。スタートからそのままの並びで進むが、残り1周半時点で先行太田と後方尾形との間には6車程度の距離が。最終周に入り尾形は距離を縮めようとするが、そのまま先行した太田りゆが決勝へ駒を進めた。

2組小林優香
山口真未

1本目。先行する小林に対し、ラスト1周半で山口真未が内からすくう形で仕掛けるが、追う小林は冷静に最終周1センターで仕掛け返し、残り半周で追い抜き、そのまま余裕を持って小林が先着。

2本目は小林優香を外側に、お互い様子を見ながらのスタート。山口真未はスタートから終始小林優香を注視しながら進み、残り1周手前でスプリントを始めるも小林優香は焦らず追走。最終3コーナーで捲った小林優香の決勝進出が決まる。

準決勝 リザルト

決勝(太田りゆVS小林優香)

決勝は太田りゆと小林優香、日本ナショナルチーム同士の決戦となった。

女子エリート・スプリント / 2019全日本トラック

1本目は太田が内側でのスタート。太田が先行のまま2周目を迎え、ここから互いに大きく動きつつスピードを上げていく。残り半周、先行する太田へ小林が外側から並びかけようとするが、伸びきれず。結果は粘った太田りゆが一本目を勝ち取った。

女子エリート・スプリント / 2019全日本トラック

続く2本目、スタート直後から小林が早いペースで先行。

女子エリート・スプリント / 2019全日本トラック

後続の太田と車間距離が大きく空いたのを確認し、残り2周の時点から加速し大きく引き離しにかかる。太田は着いていこうとするも、最初の展開で作られた距離を詰めることはできず、自身の得意な展開に持ち込んだ小林優香が勝利。引き分けとなり、勝負は3本目へともつれ込んだ。

女子エリート・スプリント / 2019全日本トラック

3本目は小林が外からのスタート。

女子エリート・スプリント / 2019全日本トラック

2本目と同じ展開にしたくない太田だが、それとは裏腹に小林が1周半の時点から再び先行。

女子エリート・スプリント / 2019全日本トラック

太田は2車ほど距離が開いて追走するも届かず、小林優香が粘り勝ち。小林が2019全日本トラック 女子エリート スプリントの覇者となった。

女子エリート・スプリント / 2019全日本トラック

女子エリート・スプリント / 2019全日本トラック

女子エリート・スプリント / 2019全日本トラック

3−4位決定戦(山口真未VS尾方真生)

1本目。山口が外側でスタート。最終周の鐘とともに2人同時にスプリント。山口が外側から捲りにかかり最終3コーナーでは並ぶも、内側で粘った尾方真生に軍配があがる。

2本目は山口が先行でスタートする。2周目もまだ落ち着いたレース展開だったが、バックストレッチで車間が3車ほど空いたのを見て、山口真未が加速。そのまま山口先着でレースを終えたが、山口は降格処分を受け4位確定。よって2本とも尾方真生が勝ちとなり、3位となった。

女子エリート・スプリント 小林優香 / 2019全日本トラック

女子エリート スプリント 結果

ケイリンでもチャンピオンジャージを

TAGS