中村妃智がスクラッチ優勝「前よりは背中が見えてきた」/2019全日本トラック・女子エリートスクラッチ

女子エリート・スクラッチ / 2019全日本トラック

2019年9月14日〜9月16日、日本競輪選手養成所内『JKA250』で開催されている『第88回 全日本自転車競技選手権大会 トラック・レース(2019全日本トラック)』。2日目15日に行われた女子エリート スクラッチでは日本ナショナルチーム、中村妃智(日本写真判定 所属)が優勝。

勝敗が決したゴールスプリント

女子エリート スクラッチは10km、トラック40周で争われ、今大会では5人が出場、メンバーは鈴木奈央吉川美穂中村妃智古山稀絵中村愛花。出場者全員が日本ナショナルチーム強化指定AおよびB選手のレースとなった。

女子エリート・スクラッチ / 2019全日本トラック

女子エリート・スクラッチ / 2019全日本トラック

5人という少人数ということもあり、一つの集団で淡々と先頭交代を行いながらレースは進む。

女子エリート・スクラッチ / 2019全日本トラック

女子エリート・スクラッチ / 2019全日本トラック

女子エリート・スクラッチ / 2019全日本トラック

女子エリート・スクラッチ / 2019全日本トラック

展開が動いたのはラスト2周。ゴールスプリントに向かって加速し、先頭が吉川美穂、2番手に鈴木奈央となる。

女子エリート・スクラッチ / 2019全日本トラック

ペースを上げる吉川とそれについていく鈴木。ゴールスプリントは実質2人の一騎打ちとなった。最終4コーナーにて鈴木が吉川を捲り、内側へと攻めながら1着で入線。吉川はさらに中村妃智にも差され、2着中村妃智、3着吉川美穂となった。

女子エリート・スクラッチ / 2019全日本トラック

しかし鈴木は吉川を捲る際「十分な車間距離を取らず吉川の前へ出たと」して降格処分。よって中村妃智が優勝、吉川美穂、古山稀絵と続く結果となった。

2019全日本トラック 女子エリート スクラッチ リザルト

「スプリントを強化している」中村妃智インタビュー

TAGS

Related Articles