世界ランキングNo.1が堂々の日本チャンピオン!新田祐大がケイリン制す/2019全日本トラック・男子エリート ケイリン

9月15日、日本競輪選手養成所内『JKA250』で開催された『第88回 全日本自転車競技選手権大会 トラック・レース(2019全日本トラック)』男子エリート ケイリンではナショナルチームから新山響平深谷知広新田祐大河端朋之雨谷一樹松井宏佑脇本雄太が出走し新田祐大が優勝。2011年以来2度目の日本チャンピオンとなった。

勝ち上がり

1回戦→敗者復活戦→2回戦→準決勝→決勝/7-12位決定戦

1回戦

2019全日本トラック男子エリート ケイリン1回戦 スタートリスト

1回戦はナショナルチームメンバーが順当に勝ち上がるが、松井宏佑・雨谷一樹は2回戦へ進出することができる2着以内へ入ることができず、敗者復活戦へと回る。

男子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

男子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

男子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

男子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

2019全日本トラック男子エリート ケイリン1回戦 リザルト

敗者復活戦

2019全日本トラック男子エリート ケイリン 敗者復活戦 スタートリスト

敗者復活戦出場者は4組に分かれ、各組の1着のみが準決勝への切符を手にする。松井宏佑・雨谷一樹はそれぞれの組で1着となり、準決勝へと駒を進めた。

2019全日本トラック男子エリート ケイリン 敗者復活戦 リザルト

準決勝

2019全日本トラック男子エリート ケイリン 準決勝 スタートリスト

1組目はナショナルチームから深谷知広、新田祐大、松井宏佑が出走。深谷知広が後ろからの展開で前へ出れず、ここで決勝進出はならずに7−12位決定戦へと回る。2組目で出走した雨谷一樹も7−12位決定戦へ。

2019全日本トラック男子エリート ケイリン 準決勝 リザルト

7−12位決定戦

出走順は以下の通り。

1荒川仁明治大学
2高橋晋也JPCA福島
3堀航輝Ciel Bleu 鹿屋
4深谷知広Dream Seeker Racing Team
5小原佑太JPCA青森1
6雨谷一樹JPC

男子エリート ケイリン / 2019全日本トラックペーサー(先導員)離脱後半周過ぎで、小原と雨谷が前へと動く。そして4番手から高橋が雨谷、荒川を抜き先行する小原を追いかける形で最終周回へ。

男子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

ラスト半周になり前で競り合う小原と高橋。そこへ雨谷が続く。最終ストレートに突入し、内側から高橋、小原、雨谷の3人が横並びのスプリント勝負となり、これに勝ったのは真ん中だった小原。2着雨谷、3着高橋となる。外から捲ろうとしていた深谷は4着となり、最終結果を10位としてケイリンを終えた。

男子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

2019全日本トラック男子エリート ケイリン 7−12位決定戦 リザルト

決勝

競輪選手かつ強化指定選手が顔を揃える中、唯一の大学生として中野慎師(早稲田大学)が決勝へ進出。

1松井宏佑JPCA
2新田祐大Dream Seeker Racing Team
3中野慎詞早稲田大学
4新山響平JPCU青森1
5河端朋之JPC
6脇本雄太JPC

男子エリート ケイリン / 2019全日本トラックペーサー離脱後、4番手にいた新山が外から大胆に上がってそのまま先頭へ。

男子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

残り1周半で3番手にいた新田が前へ出ていくと、早稲田大学 中野慎詞もこれに付いていく。新田が完全に先頭に出たところで最終周回へ。

男子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

新田、中野の並びに続いたのは河端。先行する新田の後ろで河端は中野に並びかけようとするが、新田に付いていた中野は最後まで河端に前を譲らずフィニッシュ。1着は逃げ切った新田、2着に中野、そして後方からの苦しい展開となった河端が3着となった。

男子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

男子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

男子エリート ケイリン / 2019全日本トラック

2019全日本トラック男子エリート ケイリン リザルト

新田祐大インタビュー

TAGS