橋本英也の独壇場!自身初のスクラッチ日本タイトル獲得/2019全日本トラック・男子エリート スクラッチ

男子エリート スクラッチ / 2019全日本トラック

2019年9月14日、日本競輪選手養成所内『JKA250』で開催された『第88回 全日本自転車競技選手権大会 トラック・レース(2019全日本トラック)』男子エリートスクラッチでは、逃げのレース展開へと持ち込んだ橋本英也が独壇場とも言える圧倒的強さで、自身初のスクラッチ全日本タイトルを獲得した。

橋本英也が圧倒的強さを見せたスクラッチ

トラック60周、15kmのスクラッチ。「バンクで行うロードレース」とも表現されるこの種目は、最も速くフィニッシュした選手が勝ちとなるルール。

男子エリート スクラッチ / 2019全日本トラック

男子エリート スクラッチ / 2019全日本トラック

男子エリート スクラッチ / 2019全日本トラック

男子エリート スクラッチ / 2019全日本トラック

男子エリート スクラッチ / 2019全日本トラック

スタートから7周は展開に大きな変化もなく、集団も一列に形成される。8周目に入る直前で集団から抜け出したのは立教大学の橘田和樹。大きく逃げることができたが、集団が距離を縮め11週目で追いつかれてしまう。

男子エリート スクラッチ / 2019全日本トラック

橘田和樹(立教大学)

16周目に入ったところで橋本英也がアタック。これについて来たのが橘田和樹、草場啓吾、荒井佑太、原田祐成、安彦統賀の5人、計6人の逃げ集団が形成される。橘田和樹がすぐに遅れ始めるが、逃げ集団は協調してペースを刻み始め、メイン集団との差はおおよそ半周でレースは進む。

男子エリート スクラッチ / 2019全日本トラック

メイン集団には去年のこの種目のチャンピオン、TEAM BRIDGESTONE Cyclingの沢田桂太郎が含まれるが逃げを吸収する動きを見せることなく、残り30周へ。ここから逃げ集団にいた橋本英也がさらにペースを上げ、メイン集団へ合流して1周追い抜きに成功する。先頭は橋本に対抗するのは草場と安彦のみ。

男子エリート スクラッチ / 2019全日本トラック

凄まじいスピードで展開するレースに対しDNF(途中棄権)となる選手が続出。橋本は最後まで自分のレースを続け、ラストの周回では更に1周、集団を追い抜いたとの認定を受けて、そのままフィニッシュ。

男子エリート スクラッチ / 2019全日本トラック

結果、優勝は+2ラップ認定された橋本英也、序盤の橋本の逃げに食らいついた日本体育大学の安彦統賀、草場啓吾が続く2・3位となった。

1位橋本英也TEAM BRIDGESTONE Cycling
2位安彦統賀日本体育大学
3位草場啓吾愛三工業レーシングチーム

男子エリート スクラッチ リザルト

「自分の展開に持っていけたことが勝因」

TAGS