リー・ワイジー(李慧詩)強し!小林優香は2着も降格で6位/2019ジャパントラックカップⅡ・女子ケイリン

8月25日に静岡県『JKA250』で開催された2019ジャパントラックカップⅡ。女子ケイリンの13人の出場選手中、日本からは小林優香太田りゆ山口真未が出場した。

決勝戦には小林、太田のほか、この種目の現世界チャンピオン、リー・ワイジー(李慧詩:香港)、世界選手権で準優勝したステファニー・モートン(オーストラリア)ら強豪がひしめく中、この戦いを制したのは今大会負け無しのリー・ワイジー。小林は2着に入ったものの、降格のため最終順位を6位とした。

勝ち上がり

1回戦→決勝/7-12位決定戦

1回戦

各組上位3人が決勝へ、それ以外は7-12位決定戦へと回る。

1組

女子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

1組1リー・ワイジー(李慧詩)HKG
2小林優香JPN
3ケイティー・マーシャンGBR
4キム・スーヨンKOR
5カーリー・マカラクAUS
6シモーナ・クルペツカイテLTU
7リザンヌ・フォックスCAN

小林は写真判定か?と思うような僅差で2着。決勝進出を決めた。

2組

女子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

2組1太田りゆJPN
2イ・ヘジンKOR
3ステファニー・モートンAUS
4リー・ホイヤンHKG
5ミグレ・マロザイテLTU
6山口真未JPN

太田は早いタイミングで先行体制に入り、そのまま逃げ切って決勝進出を決めた。

決勝

TAGS

Related Articles