新田祐大が優勝、脇本雄太と「お互いに譲らない」/2019ジャパントラックカップⅡ・男子ケイリン

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

8月25日、静岡県『JKA250』で開催された2019ジャパントラックカップⅡ最終日の最終種目となった男子ケイリン。出場26選手中、日本からは新田祐大脇本雄太河端朋之深谷知広雨谷一樹新山響平松井宏佑小原佑太吉元大生掘航輝高橋晋也、の11人が出場した。その他、短期登録制度で日本に来日しているテオ・ボス(オランダ・BEAT Cycling Club)、デニス・ドミトリエフ(ロシア)、シュテファン・ボティシャー(ドイツ)など、国外からの強豪も多数出場するハイレベルな戦いとなった。

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

新田祐大

そのハイレベルな戦いを制したのは2019年の世界選手権で銀メダルを獲り、現在UCIの個人ポイントで世界ランキング1位の新田祐大。そして準優勝は世界ランキング2位の脇本雄太と、世界に誇る日本人2人が表彰台に上った。

勝ち上がり

1回戦→敗者復活戦→2回戦→準決勝→決勝/7-12位決定戦

1回戦&敗者復活戦

実力者たちが順当に2回戦進出を決める中、松井宏佑、雨谷一樹、吉元大生、掘航輝はここで敗退となってしまう。

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

新田祐大

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

小原佑太

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

雨谷一樹

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

ジョセフ・トルーマン

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

マシュー・グレーツァー

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

新山響平

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

吉元大生

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

松井宏祐

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

2回戦

日本ナショナルチームメンバー、短期登録の選手たちを筆頭に準決勝進出を決めていくが、ここで新山響平、高橋晋也が姿を消す。

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

新山響平、小原佑太

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

吉元大生

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

テオ・ボス

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子ケイリン / 2019ジャパントラックカップⅠ

準決勝

TAGS