シェーン・パーキンスがオーストラリア人初のメダル獲得/ヨーロッパ・エリート・トラック選手権2017

トラック・ヨーロッパ選手権2017男子ケイリン

マキシミリアン・レヴィが激戦を制しての金メダル獲得

Maximilian Levy

Maximilian Levy

ヨーロッパ・エリート・トラック選手権2017男子エリート ケイリンで、オリンピックで3度のメダル獲得をしている、ドイツのマキシミリアン・レヴィ(Maximilian Levy)選手が、世界最高クラスの選手が軒並み進出をしたケイリンの決勝を制し、金メダルを獲得。銀メダルも2010年に来日していた、ウクライナのアンドレイ・ビノクロフ選手。

シェーン・パーキンスがオーストラリア人初、ヨーロッパ・トラック選手権でのメダル獲得

決勝には日本の競輪へ短期登録で来日し、つい先日まで日本でレースを行っていた、デニス・ドミトリエフ選手、トマシュ・バベク選手、そしてオーストラリア人ながらロシアのナショナルチームとして出場したシェーン・パーキンス選手が進出。

銀メダルに輝いたシェーン・パーキンス選手は、オーストラリア人として、ヨーロッパ・トラック選手権で史上初のメダルを獲得した選手となる。

シェーン・パーキンス選手はオーストラリア人であるが、オーストラリアチームが選手の世代交代を進める中、キャリアを求めロシアチームとして選手生活を続けると決断。

オーストラリア出身、日本経由のロシア代表として東京オリンピックを目指す、シェーン・パーキンスの数奇な運命

日本の競輪でも優勝を量産し、今回のメダル獲得で、世界へ自身の実力を示したと言えるだろう。

シェーン・パーキンス、ロシア市民権とメダルを獲得!

レース後、シェーン・パーキンス選手は自身の公式Facebookページで以下のようにコメントした。

シェーン・パーキンス選手のコメント

以下、抄訳

「金ではないけれど、このメダルは自分にとって非常に重要なメダル!エキサイティングな物語の始まりさ。自分を支えてくれる全ての方々、そして僕が選手を続けていく決断を支えてくれた、チーム、サポーター達、ロシア政府には特に感謝しています。」

シェーン・パーキンス選手はこの後すぐに日本へ戻り、10月30日の福井F1を含め、年内に競輪で4レースへ出場が予定されている。

KEIRIN.JP シェーン・パーキンス選手の出走予定

ヨーロッパ・エリート・トラック選手権2017 男子 ハイライト動画

ヨーロッパ・エリート・トラック選手権2017 男子ケイリン結果

順位 名前
1 マキシミリアン・レヴィ ドイツ
2 シェーン・パーキンス ロシア
3 アンドレイ・ビノクロフ ウクライナ
4 トマシュ・バベク チェコ
5 デニス・ドミトリエフ ロシア
6 セバスチャン・ビジエ フランス
7 ハリー・ラブレイセン オランダ
8 ヨアヒム・エイラーズ ドイツ
9 マティエス・ブフリ オランダ
10 パベ・ケレマン チェコ

大会公式リザルト

Photo : UEC

TAGS

Related Articles